がまかつ新製品2016の中でも大注目がま磯ファルシオンの前評価

 

 

どうもつぐむぐです!

 

 

 

がま磯ファンの皆さんなら誰でも気になっていると思うけど

 

2016秋の新製品「ファルシオン」楽しみですね〜^^

 

 

 

 

がま磯ロッドは他のメーカーの竿に比べて

 

割引率が少ないから、正直財布には厳しいけど、

 

がま磯って一度使ったらファンになる。

 

 

 

 

僕も今ではがまの竿しか使ってない。

 

 

めっちゃ信頼できる竿だと思ってる。

 

 

 

 

ファルシオンの特徴は、

 

やっぱりこのデザインでしょうね^^

 

 

 

 

 

全ての号数にスクリューシートが搭載されている。

 

 

これは、がま磯ロッド初の試みだろうね。

 

 

 

 

今までスクリューシートは

 

結構大きい号数にしか搭載されてなかった。

 

 

 

僕が持っているがま磯は全てスライドシードだもんね。

 

 

 

 

スクリューシートっていうと、

 

ちょっとイケイケなルアーマンのイメージがある。

 

 

 

どっちかというと若い人が好きなんじゃないかな?

 

 

 

 

でも、フカセ釣りって大体年齢層高めだから

 

このファルシオンをきっかけに

 

若いフカセ釣り師が増えたり、

 

がま磯ファンが増えたりしてくれると素直に嬉しい。

 

 

 

 

拡大するとこんな感じだね。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ見ていくと、

 

細部では塗料にもこだわっているようだね。

 

 

 

 

 

 

 

気になるスクリューシートのアップ画。

 

 

人によって好みが分かれそうだね。

 

 

1本スクリューシートのロッドを持っておきたい気もする。

 

 

完全なコレクター精神だけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ロッドエンドもシンプルでいいね。

 

 

 

がま磯自体、全体的にデザインが渋くてシンプルだから

 

好みがわかれるけど、僕なんかはそのシンプルさが好き。

 

 

 

性能もいいしね。

 

 

 

 

あ、そうそう、ちなみにファルシオンの調子はというと

 

 

 

 

 

 

張りと粘りを兼ね備えた、新調子らしい!

 

 

めっちゃいいね〜。

 

 

 

 

だって張りがあると、

 

仕掛けの投入がめちゃくちゃ

 

やりやすくなる(投入精度があがる)し、

 

粘りがあると、

 

魚が走った時は竿先がそれに追随していくけど

 

魚を止めて寄せてくる時にしっかり戻ってきてくれる。

 

 

 

 

この両者がまじ最強レベルで実現されているのが

 

インテッサGVだけど、

 

このファルシオンもそれに似た感じになるかもね。

 

 

 

ポジショニングマップとしても

 

ほぼ中央に位置しているし。

 

 

 

 

がま磯も年々ものすごい進化を遂げていて

 

性能もどんどん良くなっているから

 

これから、ますますラインナップが充実いきそう。

 

 

 

 

来年のフィッシングショーでも

 

がま磯の注目はファルシオンで決まりみたいだね。

 

 

 

 

価格は大体6万円後半みたい。

 

なかなかの出費になりそうだけど、

 

冬のボーナスで買おうかな〜

 

 

関連記事:ジャパンフィッシングショー2017 横浜 美しいコンパニオンに会いに行こう

 

関連記事:フィッシングショー大阪2017 おすすめの楽しみ方まとめ8選

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ありえない程ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ Twitter