佐賀市プロデュース 有明海のエイリアン ワラスボのおもしろ動画「W.R.S.B」

最近たまたま面白い動画を見つけました。

 

まずは以下の動画をご覧ください。

 

 

九州の佐賀県の県庁所在地である佐賀市が制作した、動画「W.R.S.B」です。

 

W.R.S.Bとは日本では有明海にだけ生息している魚「ワラスボ」の頭文字を表したものです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

見た目がエイリアンそっくりで、見ていると本当にグロテスクでバイオハザードとかに出てきそうなお魚です。

 

この動画では、有明海に地球外生命体の未確認生物「W.R.S.B」がやってきたという設定でストーリーが進んでいきます。

 

地球外生命体の襲来に日本中が騒動に陥っていく物語は大変素晴らしいできあがりでした。

 

出演者は知らない人ばかりですが、演技力は非常に高いです。

 

調べてみると、佐賀市に関わりのある方が多数出演されているようです。

 

とても市役所が作っているとは思えない作品で、そのギャップがとても好印象でした。

 

今後もこのような質の高い動画が、全国のいろいろな自治体で増えていくことでしょうね。

 

ちなみに、このワラスボ。見かけによらず、実際に食べられる魚なんですよ。

 

私も九州に住んでいますから、以前佐賀に遊びに行った時に、食べたことがあります。

 

確か佐賀市の飲み屋街にある福太郎と言うお店だったと思います。

 

その時は、料理する前のバケツに入った生きたワラスボを親切に見せていただきました。あと生きたムツゴロウも一緒に。

 

肝心の料理は、ワラスボもムツゴロウも刺身でいただきました。

 

やはり魚の素材そのものの味を感じるためには、刺身が一番です。

 

この感覚、釣り師ならわかってもらえるかと。

 

釣り師って普通の人に比べて、釣り師って好奇心旺盛な人が多いせいか、飲み屋とかにいって珍しい魚がメニューにあるとついつい頼んでしまいます。

 

私はすぐに頼んでしまう派です。

 

食べる前は、正直干潟に住んでいるイメージがあるから、ワラスボもムツゴロウもあまり美味しくないだろうなとイメージしていました。

 

でも実際食べてみると、甘みがあって普通に美味しかったです

 

その時は刺身だけいただきましたが、地元では干物にしたり、干物をお酒に入れて「すぼ酒」にして飲んだりといろいろな食べ方があるそうです。

 

すぼ酒って美味しそうですよね?

 

フグのひれ酒みたいな感じだそうです。

 

今度佐賀に行った時はワラスボの干物も買ってみようと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

釣り師の方の中には、ワラスボって釣れないの思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

基本的にワラスボは漁で捕獲されます。

 

スボカキっていう、先が曲がった長い棒型の道具で干潟の中を引っ掻き回して、ワラスボを引っ掛けて捕ります。

 

でも佐賀の釣り仲間に聞いてみたところ、ワラスボ釣ったことあるっていう人がいました。

 

ハゼ釣り用の投げ仕掛けにゴカイをつけて釣っていると時々釣れるようです。

 

引きはハゼと同じでそんなに強くないようです。

 

歯が鋭いので、ハリをはずすのが、ちょっと怖いようです。

 

今のところ、本格的にワラスボ狙っている釣り師はまだまだいないようですが、これから釣りメーカーが有明海の釣り文化醸成のために、ワラスボ釣りブームを作ってくれたら嬉しいですね

 

いいアイデアだと思いませんか?^^

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ Twitter