冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜

スポンサードリンク

 
こんにちは。つぐむぐです。

 

前回の記事では、チヌが群れで行動し、群れを維持していくためにエサを求めて回遊していくという話をしました。

 

今回はチヌの習性についての第2弾ということで、研究機関による過去の研究成果を見ながらチヌの回遊について少し掘り下げていきたいと思います!

 

 

 

 

あ、ちなみに掘り下げていくといっても難しく考えなくて大丈夫ですよ^^

 

初心者の方でも分かるように、細かい学術的な話は省いて、釣りに必要だと思われる情報だけ書いていきますので。

 

 

 

 

 

チヌが具体的にどの程度の距離を回遊しているのかについては興味深い研究があります。

 

1986年11月に岡山県水産試験場が岡山県下津井沖で実施した研究です。

 

 

 

 

この実験では35cmのチヌに発信機を取り付け、船でそのチヌの回遊距離を計測するというものでした。

 

驚くべきはその結果でして、チヌを48時間追跡した結果、どれだけ移動していたと思いますか?

 

 

 

少し考えてみてください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

答えはなんと83.5kmもの距離を回遊していたのです。

 

 

 

1日約42kmを回遊したことになります。(爆)

 

まさにフルマラソンですよ!

 

 

 

1日42km移動できるチヌってめちゃくちゃ凄いと思いませんか?

 

11月という時期もチヌの活性が極めて高い時期なので、このような結果になったのかもしれませんが、それにしてもただただ凄いの一言です。

 

 

 

同機関が翌1987年2月に同じ実験を試みたところ、26時間で1.6kmの回遊しかしなかったようです。

 

11月の実験の時より、チヌにストレスを与えないなど条件は良かったみたいですが、移動距離は大幅に減少していました。

 

 

 

もちろん個体そのものの性格によるのかもしれませんが、恐らく最も大きな原因は、水温だと思います。

 

2月は厳寒期ということで水温が低下しますので、チヌの活性も著しく下がったのでしょう。

 

 

 

この2つの実験結果から、釣り師は何を学びとるべきでしょうか?

 

焦点は当然移動距離になります。

 

 

 

まず11月の実験からは、移動距離が非常に長いことが見て分かります。

 

条件さえよければ、チヌはこれだけの長い距離を移動しているということです。

 

 

 

ですから、基本的にマキエをしっかりまいていれば、1日釣っていれば目の前にチヌを何匹も足止めすることができるでしょう。

 

 

マキエで目の前のチヌがお腹一杯になったとしても、時間がたてばまた別の場所から空腹のチヌがどんどんやってくるので、シーズン中はチヌの満腹具合とかは無視して、しっかりマキエをうって、少しでも長い間1匹でも多くのチヌを足止めしてやることが大切です。

 

 

 

一方冬の実験からは何が学べるでしょうか?

 

冬は多くのチヌが水温の安定する深場に移動しています。

 

そのため、フカセ釣りで狙うポイントにはチヌの個体数が絶対的に少なくなります。

 

 

 

仮に運よくチヌが近くにいたとしても、まだ問題が残っています。

 

低水温期ほど、チヌの体の代謝が落ちるため、シーズン中に比べてエサを食べてくれません。

 

 

 

つまり冬のチヌ釣りでは、目の前にただチヌが存在するだけでは不十分で、やる気のあるチヌ・食い気のあるチヌというのが、自分の攻略テリトリーに存在することがとても重要になるのです。

 

 

 

この時、もし釣り人側にチヌの回遊について十分な知識がなければどうなるでしょうか?

 

少し粘っただけで、今日は活性が低くて動かない、エサを食べないなどと、最もらしい理由をつけて諦めてしまうかもしれません。

 

もう少し待てば空腹のチヌが回遊してくるかもしれないのに!

 

 

 

でも、チヌが冬でも1.6kmも回遊するとの知識があれば、心が折れそうになる位寒い日でも、「1日に何匹かのチヌが必ず目の前を回遊していくだろう。その中に1匹は食い気のあるチヌがいるだろう。」と信じて釣りをすることができます。

 

いつかこの我慢が報われると思って釣るのと、ゴールが分からないで釣るのとではメンタルに大きな差がでてきます。

 

もちろん結果にも。

 

 

 

そうだと分かれば、釣り人がすべきことは、集中力をきらさず、いつか目の前を通るであろうチヌを確実に足止めするようにマキエを切らさずに投入することになります。

 

 

 

長くなりましたのでまとめます。

 

 

・シーズン中はマラソンランナーみたいに、どんどんチヌが回遊してくるので、しっかりマキエをまいて、やる気のあるチヌを釣って行く
 
・シーズン中まではないにしても厳寒期でもチヌは回遊している。そいつにやる気があれば絶対に取り逃がしてはいけない。少ないチャンスをものにするためにも、マキエをしっかりまいておく。
 
・結局、時期問わずマキエはしっかりまくことが大切。

 

 

 

どんな季節であれ、希望を捨てず、集中力をきらさずに、マキエをまき続けられるかどうかが、結果を分けるポイントになります。

 

つい釣りに集中してマキエを打つ手が止まりがちな人は、チヌの回遊を意識してマキエを頑張ってみてください。

 

 

 

では今回はこれで終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube