ガン玉の付け外し術(ローテーション術)

スポンサードリンク

 

どうもつぐむぐです。

 

今回はずいぶん前に話すと言っていて、全く話ができてなかったガン玉ローテーションについて、お話したいと思います。

 

ローテーション以前にガン玉の基本的なことが、よく分かっていないという方は、事前にコチラの記事を復習していただけると嬉しいです。

 

では早速、ガン玉ローテーション術の内容を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

そろえるべきガン玉はたったの3種類!

 

まず、私は釣り場に「G5、G3、G1」の3種類のガン玉しか持参しません。

 

理由はただひとつ。

 

それだけで十分だからです。

 

 

 

G(ジンタン、ジー)の意味が分からない方はコチラ

 

 

 

よく初心者の方ほど、ガン玉セットを持参されているのを見かけますが、果たしてどれだけの人が全てのガン玉を駆使しているでしょうか?

 

こういうと批判があるかもしれませんが、おそらく日本全国で堤防釣りをしている人の1割もいないと思います(汗)

 

 

 

ガン玉セットは号数も幅広く、かつたくさん入っているからお得感があって人気ですが、使いこなせなければ、完全なる宝の持ち腐れです。

 

本当のことをいうと、私はガン玉セットに入っているガン玉を宝だとは思ってません(笑)

 

 

 

 


▲G5〜3Bまでを網羅したガン玉セット。種類も豊富だし、数もそこそこ入っているから初心者に人気が高いが、実際こんなにたくさんの号数を持参する必要ない。全ての号数を駆使している人はほんの一握りのはず。人はたくさんの種類の釣り具を持っていると安心感に満たされるが、悪く言えば混乱を招くだけ。最低限必要なものを必要な数だけ持参していれば、全て事足りる。

 

 

 

 

 

私の感覚では、ガン玉は素早く取り外せてこそ意味があると考えています。

 

海の状況は時間の経過とともに変わるので、ガン玉の付けはずしを頻繁に行わないといけないことも多々あります。

 

こういう状況に遭遇した時に、いちいち外すのが面倒なガン玉や、一度ガン玉を取り付けた場所が痛むようなガン玉は、お世辞にも良いとはいえません。

 

 

 

 

私のおすすめにヤマワ産業のゴム張りガン玉というのがあり、私はそれを愛用しています。

 

このガン玉は普通のガン玉より高価ですが、取り外しに便利なこと、一度取り付けた場所に傷が付かないこと、無くならない限り何度も使えることから、コストパフォーマンスがものすごく高いのでおすすめです。

 

 

 

購入する号数も先に挙げたG5、G3、G1の3つで良いですから、出費もそこまでかかりません。

 

ガン玉の購入に迷われているなら、ぜひおすすめします。

 

 

◆ゴム張りガン玉についてはコチラでも解説◆

 

 

 

 

 
▲私の愛用しているヤマワ産業のゴム張りガン玉。ナマリの柔らかさが絶妙で開閉しやすく、ガン玉交換が素早くできるのがウリ。もちろんラインに傷も入らない。ガン玉セットに比べると高価だが、あまりに便利すぎて、一度使いだすと他のガン玉はマジで使えなくなる。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

ガン玉を取り付ける場所

 

さて、いつもどおり前置きが長くなりましたので(笑)、この3つのガン玉を実際どのように使用していけばよいのか、解説します。

 

 

 

チヌ釣りにおける私の推奨する仕掛けでは、ハリの上30cmのところにG5のガン玉を1つ打ちます。

 

これを打つ理由は、サシエを安定させるため。

 

 

 

大型のチヌほど安定したサシエから捕食する傾向があるので、このようにガン玉を1つ打っています。

 

そして、このスタンスは基本的に年中変わりません。

 

 

 

 

ただ釣り場にもいろいろとありまして・・・

 

 

 

 

堤防とはいえ、外海に面している堤防や海峡に近い堤防では潮の流れが速くて、なかなか底までサシエが入っていかないこともあるでしょう。

 

 

 

 

こんな時にガン玉の出番がやってきます。

 

チヌは基本底を釣る魚ですから、底までサシエが入っていないなと感じたら、ガン玉を追加してあげましょう。

 

 

 

「仕掛けが深く入ってないかも?」と思うときほど入っていません(笑)

 

少しでも疑問を感じたら、面倒くさがらずにガン玉を追加しましょう。

 

追加する時間なんて、20秒で終わりますから。

 

 

 

でも、底に入っていないと感じたら、次のガン玉はどこに打つべきでしょうか?

 

ここではチヌ釣りに特化してお話します。(グレのガン玉ローテーションは全然思考が違うので、また後日)

 

 

 

まず、ガン玉を打つ場所が3箇所あるので、それを覚えましょう!

 

 

 

打つ場所は、下の方から、

 

 

 

@ハリの上30cm
 
Aハリの上2.5m
 
Bからまん棒のすぐ下
 

 

 

の3点です。

 

 

 

私はハリスを約5mとりますから、ハリの上2.5mというのは、ハリスのちょうど真ん中のところに当たります。

 

 

 

チヌ釣りの場合、ガン玉が足りないと感じたら、この3箇所に下から順にガン玉を取り付けていきます。

 

 

 

例えば、基本仕掛け(ハリ上30cmのところにG5を1つ)でガン玉が不足すると感じたら、次はG5をハリの上2.5mのところに追加、それでも足りないと感じたら、からまん棒の直ぐ下にG5を追加します。

 

 

 

それでも足りない時は、ハリの上30cmのところをG3に交換、それでも足りない時はハリ上2.5mをG3に交換、さらに足りなければ、からまん棒のすぐ下をG3に交換します。

 

 

 

もっと潮が激しく流れる場所だと、G3を下から順にG1に交換していくというだけです。

 

最大でG1を3つ打つことになる訳ですが、普通の堤防なら、まずここまですることは無いです(笑)

 

 

 

というか、G1を3つ以上打たなければ攻略できない場所は、初級者があえて狙う場所ではないので、そもそも場所を変えましょう。

 

 

まずは基本的なところでチヌを釣れるようになってから、こういう場所で釣りをするのをおすすめします。

 

 

 

 

最初にやられてばかりいると、チヌを釣る楽しさを覚える前に「釣れんから止めよっ」ってなりますからね。

 

潮の流れがまったりとした場所で、知識を整理しながら釣ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

ガン玉ローテーションのまとめ

 

以上がつぐむぐ流沈め釣りにおけるガン玉ローテーションです。

 

覚えるべきは、

 

 

・持参するガン玉は3種類(G5、G3、G1)
 
・打つ場所も3箇所(ハリの上30cmと2.5m、からまん棒のすぐ下)

 

 

ということです。

 

 

 

キーナンバーは3ですので、覚えておきましょう^^

 

 

 

一応補足ですが、

 

 

ガン玉を下から順に重くしていくことについては、先に述べたように、チヌ釣りではサシエを安定させた方が、大きなチヌが釣れるからです。

 

この言い方だと、大型のチヌしか釣れないみたいですが、そうではなく、大型のチヌが率先して食ってきやすいという意味です。

 

だから中型・小型含めてサシエの安定はチヌ全体に効果的だということです。

 

 

 

ですから、潮の流れにあわせて、今回のローテーション術を駆使してみてください。

 

大事なことは、「あれ?この仕掛け大丈夫かな?」と思ったらすぐに仕掛けを交換するという行動力です。

 

結局、人がしたがらない面倒なことをコツコツ地道にやっているかどうかが釣果を大きく左右しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

では今回はこれで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

★ご購入はコチラ★

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ヤマワ 【ゴム張りガン玉】【メール便OK】【RCP】
価格:378円(税込、送料別) (2016/7/22時点)


 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube