釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い

スポンサードリンク

 
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い

 

 

 

 

どうもつぐむぐです!

 

 

 

 

オキアミボイルっていえば、

 

グレ、チヌ、真鯛など

 

上物釣りの餌として人気がある。

 

 

 

 

 

そういや今まで

 

このブログでボイルの話もしてなかったな〜(汗)

 

 

 

 

 

自分的には

 

結構いろいろ書いてきたつもりでも、

 

質問されると説明が抜けてることに気づく。

 

 

 

 

 

こればっかりは、

 

自分じゃなかなか気づかんので、

 

質問してくれるとありがたい。

 

 

 

 

 

最近ちょっと質問が多くて

 

パンク気味だけど、

 

できるだけ回答していきたいと思ってるんで

 

よろしくっす。

 

 

 

 

 

さて、本題だけど、

 

オキアミボイルの活躍の幅って超広い。

 

 

 

 

 

ただ、釣り物によって

 

僕は使用の用途を微妙に変えてるんで

 

参考にしてもらえたら嬉しい。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

オキアミ生との違い

 

個別の魚種対策の話をする前に

 

ボイルについて

 

オキアミ生との違いという視点で

 

簡単に話そうと思う。

 

 

 

 

 

ボイルはboilって英語のことで

 

意味はゆでる。

 

 

 

 

オキアミをゆで処理したもの。

 

 

 

 

オキアミの見た目はエビみたいだけど

 

厳密にはアミ類。

 

 

 

 

ただ、ゆでるとエビと同じように固くなる。

 

さらに色が白くなる。

 

 

 

 

 

フカセ釣りに役立つ特徴としては

 

これだけ覚えておけば十分。

 

 

 

 

 

固くなる

 

 

白くなる
 
 
 
 

 

たった2つだけど、重要な視点。

 

この2点を軸に

 

僕は魚種ごとに戦術を練っている。

 

 

 

 

 

以下その話をしていきたいと思う。

 

 

 

 

 

あ、ちなみに

 

僕はボイルオキアミを

 

撒き餌には使わない(集魚剤と混ぜない)。

 

 

 

 

 

ボイルは固くて

 

撒き餌がよく混ざらなくなって、

 

遠投力を低下させるから。

 

 

 

 

 

チヌ釣りでもグレ釣りでも

 

遠投できる撒き餌は必須なので、

 

僕はボイルを撒き餌に混ぜない。

 

 

 

 

 

ってことで、

 

ここではサシエ使用限定

 

っていう前提で読んでもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

チヌ狙いでの使用法

 

チヌを狙う上でサシエのローテーションは必須。

 

 

 

 

好奇心が強いチヌに

 

サシエローテーションが効果的なのは

 

このブログ読者の方は既にご存知だろう。

 

関連記事:チヌは好奇心のかたまりだ

 

 

 

 

 

で、チヌ対策のサシエローテーションは

 

見た目の大きな変化をつけることが望ましい。

 

 

 

 

 

例えば、オキアミを使っていて、

 

ハードタイプの加工オキアミに変える

 

っていうのはチヌ釣りでは効力が低い。

 

 

 

 

理由は見た目がほとんど変わんないから。

 

 

 

 

もちろん食いを誘発する素材などを

 

添加している場合は効果があるけど、

 

普通のオキアミ生を

 

ただ固いタイプの生に変えるだけという変化は

 

チヌに関しては大した差はない。

 

 

 

 

 

チヌの場合は

 

もっと見た目の劇的な変化が有効。

 

 

 

 

 

例えば、オキアミ生から練り餌に変えるとかね。

 

 

 

 

 

じゃあオキアミ生から

 

オキアミボイルに代えるっていうのは

 

どうだろう?

 

 

 

 

 

結論からいうと

 

僕は効果があると思ってる。

 

 

 

 

理由はボイルでは白さが加わるから。

 

 

 

 

 

透明に近いオキアミ生と白いオキアミボイル。

 

当然水中での見え方にも変化がある。

 

 

 

 

 

白は水中でもよく目立つから

 

チヌへのアピール力が高まって効果的。

 

 

 

 

 

た〜だ!

 

 

 

 

 

チヌ釣りにボイルを持参するかどうかは

 

「自分がローテーションとして使えるかどうか?」

 

を考えて持参した方がいい。

 

 

 

 

 

ちなみに

 

「ローテーションとして使えるかどうか?」

 

っていうのは技術的にではなく

 

時間的に、余裕的にって視点で。

 

 

 

 

 

釣り場にあまりたくさん餌を持参すると

 

使い切れないという事態に陥ることがある。

 

 

 

 

 

「釣り場に持って行きはしたものの、結局使わなかった・・・」

 

って経験がある人も多いと思う。

 

 

 

 

 

まぁ「何かあったときのための保険」

 

って考えもあるけど、

 

僕は保険じゃなくて

 

絶対試合にでるやつしか持参しない笑

 

金がもったいねぇし。

 

 

 

 

 

 

 

てな訳で、僕の基本はオキアミ生と練り餌。

 

これだけで、僕の住んでる北部九州の釣り場は十分。

 

 

 

 

 

選択肢をあんまり増やしすぎると

 

悩みとか混乱にもつながるんで、

 

そこは自分自身と相談してみて^^

 

 

 

 

 

でもボイルが使えるサシエってことは間違いない!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

グレ狙いでの使用法

 

ボイルの特徴が

 

固いことと白いこと

 

っていうのは既に述べたとおり。

 

 

 

 

僕は、

 

チヌ釣りでは「白いこと」を主に利用するけど、

 

グレ釣りでは「固いこと」を主に利用している。

 

 

 

 

 

固いってことは

 

エサトリに強いってことだから、

 

餌取り対策の1つとして

 

オキアミボイルを使ってる。

 

 

 

 

 

僕のグレ釣り仕掛けでは

 

上層からゆっくりとサシエを落としていく。

 

 

 

 

表層ほど、どうしてもエサトリも多いから、

 

グレ釣りでは撒き餌ワークや

 

サシエローテーションが必須となる。

 

 

 

 

特に餌トリが多い、

 

梅雨グレそして秋グレ狙いで

 

僕はボイルを必ず使用する。

 

 

 

 

ボイルのいいところは、

 

針もちがいいところ。

 

 

 

 

餌トリにちょっとつつかれた位じゃ

 

完全に針から取れないことも多い。

 

 

 

 

グレ釣りでは

 

この性能が効果を発揮するんだよなあ。

 

 

 

 

というのも

 

型のいいグレが釣れる一つのパターンに

 

雑魚が食べ損ねたサシエを良型が横取りする

 

ってパターンがある。

 

 

 

 

 

これ、足元でグレ釣りをして観察してみると

 

確認できるんで、機会があれば見てみてほしい。

 

 

 

 

 

僕はこの現象によって

 

雑魚の下の方にいる

 

型のいいグレを釣った経験が何度もある。

 

 

 

 

あとは、ボイルが固いってことは

 

本命のグレの食いも

 

オキアミ生よりは悪くなるけど、

 

「型のいいグレ狙いの餌」

 

って意識で釣ってると

 

そんなに食い込みの悪さは感じない。

 

 

 

 

だって型のいいグレは

 

雑魚と比べて、口もでかいし噛む力も強いんで

 

ボイルでもわりと平気で食ってくれる。

 

 

 

 

以上のように、

 

グレ釣りでオキアミボイルは

 

餌取り対策の1つだと思って大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

ここまで僕のオキアミボイルの利用法を語ってきた。

 

 

 

 

まとめると、

 

チヌ狙いでは
 
視覚効果を狙った利用

 

そしてグレ狙いでは、

 

歯ごたえを利用した餌取り対策としての利用

 

を行ってる。

 

 

 

 

ボイルに関してはこの2つの視点があれば十分。

 

知識的にもスキル的にも。

 

 

 

 

 

最初は

 

いろいろ知識を入れてみるのが大事だけど、

 

だんだん、自分が現場に持参する知識を

 

整理してみることも必要っすね。

 

 

 

 

 

なんでもかんでも

 

持参してたら大変なことになるんで。

 

現場で使えない量を

 

持参しても意味ないんでね。

 

 

 

 

 

現実的にできること、やれることを

 

楽しみながら、ぼちぼちやっていきましょう^^

 

 

 

 

 

ではでは!

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube