南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!

スポンサードリンク


引用:http://www.naigai-shop.com/SHOP/871304.html

 

 

 

どうもつぐむぐです。

 

今回は世間から「チヌ釣りの天才」と呼ばれている南康史さんを取り上げて紹介します。

 

 

 

南さんのプロフィール

まずは南さんのプロフィールからですが、読みかたは「みなみやすし」と読みます。
1969年(昭和44)2月4日生まれの45歳です(平成29年6月現在)。

 

一番男として脂が乗っている時期?じゃないでしょうか?
フカセ釣り師としては、バリバリの年齢ですね!
岡山県倉敷市在住の会社員で釣り歴は25年あります。

 

天才と呼ばれている南さんですが、釣りを始めたのは意外に遅く南さんが20歳の時です。
有名な釣り師の方は小さいころから釣りをしている人が多い中で、少し珍しいタイプですね。
僕の方が釣り始めるのは早いやんけ!w

 

いつも言ってますが、釣りを始めた時期と実力は関係なかったりしますがねw
時間の使い方の質ですね、質。(耳が痛い・・・)

 

職業は会社員ということですが、釣り具メーカーの社員なのか、
それ以外なのかは、ちょっと解明できませんでした。
ブログも調べましたが、分からずじまいです。
ちなみに南さんの個人ブログはほとんどが釣りに関する内容です^^
当然と言えば当然ですが^^

 

 

 

南さんの輝かしい実績


引用:http://www.tsuribitokan.com/SHOP/MI-7777.html

 

 

南さんが天才と言われるゆえんは、何と言ってもその「実績」にあります。
株式会社がまかつが主催するG杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権というチヌ釣り大会で、史上初の4連覇を飾っているのです。
これ、実はかなりの偉業です。やばすぎですw
G杯が分からない人はコチラをご覧ください!

 

釣り以外のスポーツでもそうですが、4連覇ともなるとかなり特別な努力や研究が不可欠です。
そうでなければ、なかなか達成できない記録です。

 

特に環境に左右されやすいアウトドアスポーツで4連覇はかなりすごいです。
G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権のフィールドである下津井は
南さんが釣りを始めた思い出の場所でもあり、普段から釣りをしている場所なので、
4連覇したときの喜びもひとしおだったことでしょう^^
ちなみにですが、南さんはがまかつのフィールドテスターもされています。

 

 

 

 

南さんのライバル

 
引用:http://www.fishing-club.jp/program/166/

 

 

紹介しているように南さんは異次元レベルの実力者なので、
南さんの背中を追うライバルがたくさんいます。
その中でも特に競い合っている(と僕が感じている)のが
上の画像の猪熊博之(いぐまひろゆき)さん、久保野孝太郎(くぼのこうたろう)さん、
高里悟(たかざとさとし 人気ロックバンド モンゴル800のドラマーでG杯グレの覇者)さんで強力なライバルです。
良きライバルがいるからこそ、これだけの高みに行けるのでしょう!
ちなみに猪熊さん、久保野さんたちの人となりやテクニックは、
別の記事にまとめているので、そっちを見てみてください。
テクニックも暴露しています。

 

関連記事:グレ釣り名人猪熊博之(いぐまひろゆき)さんの必殺技「ノンサミング釣法」

 

関連記事:久保野孝太郎 釣りを仕事にする人生

 

 

 

南康史さんの釣り具開発

南さんは釣り具の開発にも携わっていて
「チヌスペシャル」というチヌ・クロダイ用のフカセ釣り円錐ウキを監修しています。
南さん曰く、「このウキは低重心でどっしりとしているとても安定したウキ」だそうです。
けっこう素人さんからベテランさんまで幅広く使えるウキのようなので、比較的口コミの評価も高いです。
さらに磯竿の開発にも関わっているそうで、それが巷でも有名ながま磯チヌスペシャル「黒冴」です。

 

関連記事:黒冴 がま磯チヌスペシャル評価

 

関連記事:磯竿は黒冴・ファルシオン・トーナメント磯agsと新時代へ!

 

 

これはもともと発売されていた「がま磯枯冴」という竿の後継モデルです。
がま磯枯冴は竿が柔らかくてとてもよくしなるため非常に人気が高かったですが、販売停止になってしまいました。
まじで大好きな竿でした。

 

すごく曲がりがキレイで、軟調っていう仕様の竿を思いっきり曲げこんでチヌ釣りを楽しんでいました。
ですが、新たに販売された後継モデルの「黒冴」は南さんが監修されているので、ユーザーもかなり喜んだみたいです。
チヌ釣り名人の南さんが関わったというだけでこの黒冴は評価が高いですね。(笑)

 

 


南さん監修の黒冴は評価が高い

 

 

 

南さんのチヌ釣り仕掛け

南康史さんはいろんな釣りをされますが、チヌ釣りを最も得意とされているのは言うまでもありません。
バス釣りに行かれている記事をブログで拝見したこともあります^^

 

今から南さんのチヌ釣りに関する情報をお伝えしますが、その前にチヌ釣りについて簡単に学習しましょう。
チヌはいろんな釣り方がありますが、基本的にフカセ釣りで釣ります。
仕掛けを海中に漂わせて(ふかせて)釣るのでフカセ釣りと言います。
そして、このフカセ釣りには大きく半誘導仕掛け全誘導仕掛けがあります。

 

半誘導仕掛けとは、ウキ下の位置を固定する仕掛けです。
糸にウキ止め糸を結んで、その下にウキを装着するためウキの位置をしっかり固定することができます。
しかしこの半導体仕掛けにはマイナス面もあって、海中の糸の長さが固定されてしまうことで、
餌の高さも固定されてしまうという点です。
もし、その餌の高さ(タナ)にチヌがいなければ、
何時間経過してもチヌを釣り上げることはできません。
当たり前ですね、魚がいない層に餌があっても釣れることはありません。

 

 

一方で全誘導仕掛けはウキ止め糸を結ばすにウキを装着するため、
ウキ下(タナ)を固定することがありません。
そのため、上から下の層まで幅広い層のチヌを狙うことができます。

 

さらにウキを固定していないことで、糸がウキの中をスルスルと通るため、
エサを食ったチヌに余分なストレスを与えることがないので、チヌに警戒されることも少ないです。

 

僕がブログで推奨している釣り方は後者の全遊導仕掛けになります。
厳密にいうと、全誘導沈め釣りという分野になります。
非常にチヌ釣れる仕掛けなので、興味がある人はぜひブログに書いていることを丸パクリしてください^^
丸パクリして、結果を出している初心者の方が何人もいる釣り方です。

 

このように2タイプの仕掛けがある中、南さんも全誘導仕掛けを使用されています。
エサの高さを固定しないタイプ(幅広いレンジを探れる釣り方)ですね。

 

さらに南さんはチヌに対して独自の考え方をお持ちです。
南さんは、「チヌは落ちてくるエサに反応する魚なのでエサをじっくり見せる必要があって、
そのためにはエサを海中に落とす過程が最も大事」と考えられています。

 

つまりチヌはフォール中の餌を好む魚だという考え方ですね。
全くその通りです。

 

チヌは雑食性ですが、肉食・雑食の魚は、ほとんど例外なくフォールする餌が大好きです。

 

南さんは、よりスムーズに、より違和感なくエサを落とすために時々やオモリ、ガン玉などをつけずに釣られます。
ノーガン(ノーガン玉の略語)での釣りってやつですね。

 

オモリがあると魚は不自然さを感じます。
もちろん人間には分からないほど微妙な動きだったり、抵抗だったりするのでしょうけど、
魚はその違和感で食いが落ちることもしばしばあります。
人間が思う以上に繊細なんです。

 

チヌ釣りにはオモリを使うメリットもたくさんあるのですが、
魚に最も自然にエサを見せる方法であるノーガンの釣りもメリットがたくさんあります。

 

例えばオモリがあると勢いよくエサが落ちていきますが、
オモリなしだと波(潮)に揺られてフワフワと移動しながら沈んでいきます。

 

この自然な動きが効果抜群のケースも多いですので、
いろんな引き出しをもって試してみることが
チヌを安定して釣るためには必要になってきますね。

 

ここまで南さんの特徴を伝えてきましたが、
言葉だけで伝えてもなかなかわかりづらいかと思いますので、
最後に実際に釣りをされている動画を貼っておきます。
ぜひチェックしてみて下さい。実際にチヌを釣り上げられていますよ^^

 

 

 

まとめ

チヌ釣り界のレジェンド南康史さんの思考や釣り方が理解いただけましたか?
物事の最短距離での上達法は、「上手な人間のやり方をパクルこと」ですw
僕も日々名人たちからいろんな知識を吸収して、それを現場で実践しています。
これが一番進化のスピードが速いです。圧倒的に。
南さんの全誘導テクニックやフォールを意識した演出も、
知っていれば即実践できるテクニックですので、ぜひ参考にしてみて下さい。
ではでは!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサードリンク

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
磯竿シマノおすすめ「鱗海スペシャル」の評価
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価
バッカンのおすすめもダイワ
バッカンのロッドホルダー付きはフカセ釣りにおすすめですか?
がまかつおすすめロッドケース「プレミアム」

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube