チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量

スポンサードリンク

 
 
どうもつぐむぐです。

 

今回は私の考える初心者のためのチヌ竿(クロダイ竿)の選び方について解説していきます。

 

最初の1本を選ぶ際の参考にしてもらえたらと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

初心者が竿に求めるべき機能

 

釣具屋の竿コーナーに行くと、いろいろなメーカーからさまざまな種類の竿が販売されています。

 

正直、初心者の方は判断に迷うと思いますが、一体何を基準に竿を選べば良いでしょうか?

 

 

 

 

結論からいうと、初心者の方は竿の操作性を最重要視してください。

 

とりあえずこれだけ備わっていれば、最初に使う竿としてはOKです。

 

 

 

 

ところで、竿の操作性とはなんでしょうか?

 

 

 

 

基本的に操作性とは、竿の重さと長さに関係しています。

 

 

 

 

重さと長さの具体的な基準は以下で詳しく述べますが、そもそもどうして操作性が大切なのでしょうか?

 

 

それは、魚釣りにおいては、魚をかけることが最も大切だからです。

 

 

 

初心者の方は、今後の釣り人生の中でベテランの人や先輩から「竿が薄っぺらで軽すぎるのは、竿の粘りがなく、魚が弱らないからダメ」とか「竿は長いほうがパワーがあって、チヌの体力を速く削ぎ落とせる」とかいろんな意見を聞く機会があると思います。

 

 

粘りとかいう意味を最初から理解する必要はないので、「釣り人の中には初心者に、ある程度、重さのある竿長い竿をすすめる人が多い」と思ってもらえれば大丈夫です。

 

 

 

ただ…

 

 

 

私は必ず初心者にはできるだけ軽くて短い竿を勧めています。

 

 

 

 

なぜなら、竿の粘りやパワーというのは魚がかかってから効果を発揮するものですから。

 

 

 

魚がかかってからの心配をする前に、まずは魚をかけられるようになることが大事なんで、私は操作性の重要性を説いています。

 

 

 

「魚をかけてからのことをいろいろ考える前に、まず魚をかけようよ」と。

 

 

 

それに、正直チヌを釣るのに竿の粘りやパワーはそんなに必要ないです。

 

私自身、パワー的には最も弱い0号の竿で50pオーバーも捕ってますから、粘りとかパワーとかは、正直最初からあんまり気にしなくて良いと感じてます。

 

 

 

 

 

 

具体的にどんな竿(ロッド)を選べばいいの?

 

重量について

 

重さは160g〜180gの範囲を購入の目安としてください。

 

160gはかなり軽い、170gはまあまあ軽い、180gは軽いというざっくりしたイメージで大丈夫です。

 

 

 

この範囲に入っていれば軽い部類であることには違いありませんので。

 

 

 

 

ただ200g超えてくると、竿の重心バランスが相当良くない限り1日使うと疲れます。

 

竿とリールがセットで売ってある商品がありますが、あれはバランスが超悪いです。

 

まあ、あれはそんなバランスとか考える人のために作ってないので、当たり前ですが(苦笑)

 

 

 

 

「たかだか、数十グラムの違いで、そんなに疲れが変わるの?」と思われるかもしれませんが、甘く見ないほうが良いです(笑)

 

 

フカセ釣りって1日に何度もマキエをまきますし、約5mの長竿を扱うため、腕が本当に疲れます。

 

慣れないうちは特に。

 

 

 

それに、チヌ釣りで使うマキエは比重が重いので、運動不足の人なんかは、帰る頃には腱鞘炎になることだってありますよ。(笑)

 

 

 

長さについて

 

竿の長さですが、これは5mがベストです。

 

 

ちなみに、チヌ竿では5m30cmが一般的な長さです。

 

 

 

5m30cmが主流ということは、5mは主流よりも30cm短いことになります。

 

初心者の方にとっては30cmという、この一見大したことのないような長さが、実は手に持った時に大きな差となって現れます。

 

 

これマジで。

 

 

 

相当快適さが違うから、これだけは覚えておきましょう!

 

「竿は少しでも短い方が扱いやすい」と。

 

 

 

 

ちょっと例を出して考えてみましょう。

 

 

今、あなたが鉛筆の端っこを持って字を書いている姿を想像してみてください。

 

鉛筆が長いと紙からの距離が離れるため、軸がぶれやすく字が書きにくいですよね?

 

 

 

一方、短い鉛筆ですと、紙からの距離が近く、長い鉛筆の時より鉛筆が安定するため字が書きやすくなるはずです。

 

 

 

この場合の文字の書きやすさとは、竿でいうと、細かい操作のやりやすさと言えますね。

 

鉛筆が竿になろうが、考え方は全く同じなんです。

 

少しでも短い竿の方が、細かい操作がやりやすくなります。

 

 

 

 

前述のとおり、竿は操作性が最も大切です。

 

操作性が良いことで、仕掛けの投入精度が上がるだけでなく、糸を送る(出す)作業なども簡単かつ正確になります。

 

 

 

これらが、きちんと行えるということは大きなアドバンテージとなりますから、チヌ竿選びでは自信をもって5mをおススメします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

竿の号数

 

ここまで説明しても「なるほど、つぐむぐ。操作性が重要なことはよく分かったけど、竿で重要なスペックは重さと長さだけじゃないよ!」という声が聞こえてきそうです(笑)。

 

確かにそうですね。

 

 

 

操作性以外の要素で押えておきたいポイントはチヌ竿の1号を買えばよいくらいです。

 

1号は適度にパワーもあるし、しっかり竿が曲がって楽しいので、初心者に最適だといえます。

 

 

 

 

その他のスペックについて

 

それ以外の要素はデザインの好みと予算」で好きに決めちゃってください。(笑)

 

適当だな〜って思わないでくださいね。

 

正直、先に述べたポイント以外は、釣果に直結しないので、「何でもいいといえばいい」のです。

 

 

 

だから好みと財布に相談して決めればよいといいました。

 

竿にも赤、青、白、黒、紫などなど、デザインもいろいろとありますから、モチベーションを高めてくれる1本を手に入れれば良いでしょう。

 

 

 

 

ここまでの知識があれば、あなたはもう竿選びの達人です。

 

早すぎますかね!?(笑)

 

そんなことはないっす。

 

 

 

すでに本質はしっかりマスターされています。

 

別に竿の銘柄なんて、いちいち覚えなくてよいのです。

 

竿の銘柄なんて100個知ってても、魚は1匹も釣れませんから。

 

 

 

最速で上達するために大事なことは「重要な情報を効率よく取得すること」です。

 

いつも言ってますが、もちろんこれは釣りだけに限りませんね。

 

 

 

銘柄の情報も覚えたいのであれば、別に後から覚えてもらって構いません。

 

ただ、先に効率よく魚を釣るための知識を吸収した方が、早く結果も出るし、楽しいのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

チヌ竿の選び方まとめ

 

今回お話ししたことを最後にまとめて終わりたいと思います。

 

・竿は操作性(重さと長さ)を重視して選ぼう
・重さは160g〜180gの範囲で、長さは5mを選ぶと良い
・パワーについてはチヌ用の1号で十分
・その他はデザインの好みと予算に応じて自由に決める

 

以上ですね。

 

 

 

たった4つ。

 

 

竿選びなんて、たった4つ知ってりゃ、十分です。

 

もう釣り具屋でたくさんの竿を目の前にしても、迷わないし、ブレないでしょう。

 

 

 

この長い文章をここまで読んでくださったあなたは、チヌ釣りの知識を心から欲しておられますね。

 

知識欲があるということは、本当に素晴らしいことだと思います。

 

 

 

知識は経験と同じです。(こちらの記事参照)

 

学ぶ者が、学ばざる者よりも短期間で成長することは言うまでもありません。

 

 

 

今後も、釣りに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、ご期待ください!

 

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
磯竿シマノおすすめ「鱗海スペシャル」の評価
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価
バッカンのおすすめもダイワ
バッカンのロッドホルダー付きはフカセ釣りにおすすめですか?
がまかつおすすめロッドケース「プレミアム」
南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!
磯用ロッドケースはリールインタイプを強くおすすめします!

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube