リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・

スポンサードリンク

 

 

「右利きの人は左手でリールを巻きなさい」とよく言われますが・・・

 

釣りの入門書などを見ていると「利き腕で竿を持ち、リールは利き手でない方で巻くのが良い」という言葉を目にします。

 

右利きの人であれば、右手で竿を持ち、左手でリールを巻くということです。

 

 

 

この理論を唱える人は「リールを巻くことよりも魚を誘導する竿さばきの方が大切だから、利き腕で竿を持つ方がよい」という考え方です。

 

 

 

現に私は右利きで、右手で竿を持ち、左手でリールを巻いています。

 

入門書で言われているとおりですね。

 

 

 

「だから皆さんも利き腕で竿を持ってください!」

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

という、つまらないオチではもちろん話を終わりませんよ(爆)

 

 

 

実は私が右手で竿を持ち出したのは1年前からです。

 

なぜかといいますと利き腕の右手の方が持久力があって疲れないから

 

 

 

個人的な話をしますと、私は小学校から社会人になるまで野球をしておりました。

 

右利きの私は右腕を使う頻度が高いため、必然的に右腕の方に筋持久力があります。

 

 

 

現在は野球をしておりませんが、長年鍛えていた名残で、右手の方に持久力が残っています。

 

 

 

ではなぜ持久力のある右手にわざわざ変える必要があったのかといいますと、40cm以上のチヌを複数釣っていくと、腕が結構パンパンになるからでして。

 

 

 

もともとは左手で竿を持っていましたが、1年程前からチヌを8枚くらい釣ると、左手の感覚がなくなるようになってきました。

 

そこで、竿の持ち手を右手にしたら、持久力がある分、腕が悲鳴を上げなくなったのです。

 

 

 

「おいおい!なんて自慢をしやがる!」なんて思わないでくださいね。(笑)

 

 

 

このサイトで紹介していく技を試してもらったら、チヌが簡単に釣れるようになりますから。

 

 

 

このように私の場合は「加齢に伴う筋持久力の衰退によって、竿を持つ手を右手に代えただけ」です。

 

ですので、体にガタがきてなかったら、今でも右手で巻いてました。

 

 

 

「なぜ右手で巻いていたかって?」

 

それは右手の方が、フカセ釣りに必要な全ての動作がスムーズに行えるからです。

 

 

 

 

以下フカセ釣りをする流れを見ていきましょう。

 

 

 

@仕掛け(ORマキエ)を投入します

Aマキエ(OR仕掛け)を投入します
 
B仕掛けを流していき、チヌが食ったらアワセます
 
Cタモ入れします

 

 

 

ざっくりいうとこの4ステップですね。

 

 

 

この時、特に初心者が利き腕を使ったほうがよいと考えられる動作が、「マキエをまく」ことと「タモ入れする」ことの2点です。

 

この2点がなかなか最初は上手くできないんですよ。特にタモ入れは。

 

 

 

マキエは1日に何百回とまきますので、だんだん1日の中でも精度が上がるのですが、タモ入れはチヌが釣れた回数しか経験できません。

 

マキエの投入に比べて頻度がものすごく少ないので、上達しにくい。

 

その分、雑魚が釣れた時でもタモ入れの練習をするのをお勧めします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ところで以前の私は、マキエは利き腕でまかないとコントロールが定まらなかったので、マキエを右手でまきながら、左手で竿をもち、仕掛けを流していく際は、左手の中指でスプールから出す糸の量を調整していました。

 

そして、アタリがあれば、左手の中指をスプールに当てて、糸の放出を止めてアワセを決めていました。

 

 

 

これが、リールが左巻きならどうなるでしょうか?

 

例えば、先ほどのように左手で竿を持ってアタリを待っていた場合、アワセを決めた後、竿を一旦右手に持ち替えて左手でリールを巻くことになります。

 

 

 

もしアワセた後のスムーズさを優先して右手で竿をもってしまうと、仕掛けを流している途中で、追加のマキエを打ちたくなった時に、竿を左手に持ち変えて、右手でマキエをまくことになります。

 

ちょっとしたことですが、無駄な動作(手間)多くなりますね。

 

 

 

それよりは、竿を利き腕と反対の手でもち、利き腕でリールを巻く・マキエをまく方が、全体の流れがスムーズです。

 

タモ入れの時もタモは重いので、持久力のある右腕の方が、タモをうまく操作できます。

 

特に最初の頃は、利き腕であっても、タモを上手く操作できないですから、利き腕でタモを扱うのをお勧めします。

 

 

 

結局ここでいいたいのは、世の中で言われていることを全て鵜のみにする必要はないということです。

 

一応意見は意見として耳を傾けることは大事ですが、情報の取捨選択は大事です。

 

 

 

もちろん私の持論も共感できるところだけ採用してもらえたら大丈夫です。

 

世の中に散らばる情報のいいとこ取りをしながら、少しずつ技術を磨いていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
磯竿シマノおすすめ「鱗海スペシャル」の評価
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価
バッカンのおすすめもダイワ
バッカンのロッドホルダー付きはフカセ釣りにおすすめですか?
がまかつおすすめロッドケース「プレミアム」
南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!
磯用ロッドケースはリールインタイプを強くおすすめします!

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube