【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜

スポンサードリンク

 
ウキの話というのは、フカセ釣り最大のテーマだといっても過言ではありません。

 

話す内容が多いので、複数回に分けていろいろとつづっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

 

まず、復習ですが、私の推奨する全誘導沈め釣りでは、仕掛け投入後ほどなくしてウキが沈んでいきます。

 

ウキから下のハリスがきちんと張る(これを業界用語でなじむと言います)前から、じわじわとウキは沈んでいきます。

 

そのため、アタリはウキではなく、道糸の動きで取ることが基本となることは、別の記事でも説明しました。

 

普通、ウキといって頭に浮かぶのは、アタリがあったら沈む物だというイメージではないでしょうか?

 

ウキを浮かべていると、魚のアタリが非常によく分りますよね?

 

では何故そのようなメリットを捨ててまで、私はウキを沈めるのか。

 

これはとても重要なことですので、しっかり頭に入れていただけたらと思います。

 

 

 

 

それは2枚潮に対応できるからです。

 

 

 

いきなり2枚潮といっても、初心者の方は聞き慣れない言葉だと思いますので、まず2枚潮について簡単に説明します。

 

2枚潮というのは、2つの密度(性質)の異なる水が上層と下層に分かれている現象をいいます。

 

これだけじゃ、ちょっと分かりにくいので、補足します。

 

 

 

例えば、淡水と海水が入り混じる河口をイメージしてください。

 

海水というのは、水に塩分が溶け込んでいるため、密度が大きく(重い)なります。

 

逆に、淡水は、ただの水ですので、海水に比べて密度は小さく(軽く)なります。

 

河口では海水に淡水が流れ込みますが、お互い密度が異なるため、2つの液体はそう簡単に混ざりあうことはありません。

 

ざっくりいうと、水と油みたいな感じで、層ができるのです。

 

 

 

下げ潮(潮位が下がっていく)の時は、海水が海側に流れます。

 

このとき、淡水も同じように海側に流れこみますから、上層と下層の流れは同じになります。

 

この時(下げ潮の時)はあまり問題になりません。

 

では、上げ潮(潮位が上がっていく)の時はどうでしょうか?

 

上げ潮の時は、海水が川の上流に上ってくるのに対し、淡水は海側に流れこんできます。

 

淡水と海水は密度が異なるため、混じり合おうとはしません。

 

そうなると、上層と下層で異なる流れが発生することになるのです。

 

 

 

この現象は非常に厄介ですよね?

 

だって、表層だけを見ると海側に移動しているように見えるのに、実際下の潮は反対側(上流側)に移動していることになります。

 

 

 

ここで、あなたが今河口に立っていて、左側が海側、右側が川の上流側であると仮定しましょう。

 

もし、マキエをまいて、上の方で左に流れていっているとしたら、普通に考えると底の方では、マキエの投入点よりずっと左の方にマキエが溜まっていると錯覚してしまいます。

 

でも実際は、ある程度の深さから右に流れているので、実際底の方のマキエは、投入点よりも右に溜まっているなんてことがあるのです。

 

こんな見えない水中における立体的な動き予想しながら、釣るのがチヌ釣りなのです!

 

って言われたら、めちゃくちゃ難しそう・・・と思いますよね?

 

少々脅しましたが、全く心配はいりませんので、めげずに読み進んでください(笑)

 

 

 

ここで本題に入る前に、この状況を普通のお馴染みのウキ釣り(ウキを浮かべた釣り)で狙うケースを考えて見ましょう!

 

まず、釣るタナ(深さ)を基本の底に設定したとします。

 

ウキは上層に浮いていますから、もちろん淡水にのって左に流れていきます。

 

ではツケエはどうでしょうか?

 

ツケエは海水にのって、右に行こうとするんですよ。

 

でもここで、まずい状況が発生します。

 

 

 

基本的にウキの方がツケエより体積が大きいから、抵抗を受けて、どんどん仕掛け全体を左の方へ引っ張っていきます。

 

こうなると、実際はマキエの投入点より右に集まってきているチヌを釣りたいのに、ツケエはどんどん左に流れていって、全くチヌが食わないという事態に陥ってしますのです。

 

これは非常にまずいわけです。

 

 

 

基本的にチヌは底を釣ることが多いです。

 

それは河口であっても変わりはありません。

 

じゃあ河口で釣りしなけりゃいいじゃないか!と思われるかもしれません。

 

でも、別に河口じゃなくても、川が近くで流れ込んでいる漁港なんてざらにありますから、この2枚潮を攻略できないのは、安定してチヌを釣りたい釣り師としては致命傷なんです。

 

 

 

別に釣りたくなきゃいいでしょうが、私の記事をここまで読んでくださっているあなたは、間違いなくチヌを釣りたい人間ですよね?

 

じゃなきゃ、ここまで長い文章を読む前に挫折しています。

 

私だって適当で運任せの釣り師には読めないように書いていますから。

 

 

 

では、ウキを沈める仕掛けはどうだか考えてみてください。

 

ウキの沈め方にもいろいろあるのですが、私の推奨仕掛けでは、仕掛け全体の沈下速度は割りと速いです。

 

ということは、ウキまで含めた仕掛け全体が、上層を早く突破し、下層の流れに上手く乗ってくれるということです。

 

つまり、仕掛けがマキエの投入点より右にきちんと流れてくれるというわけです。

 

 

 

もう一つ、覚えておいてほしい重要な2枚潮があります。

 

風による2枚潮です。

 

海に釣りに行くと、必ずといってよいほど、風があります。

 

釣りに行って、無風でベタ凪(海面がベターと凪いでいるようすを表す業界用語)という日は、一年に1回もないかもしれません。

 

 

 

海には波がありますが、あれは風が作っていることをご存知ですか?

 

天気予報を見ていると、風が強い日には、よくセットで波浪注意報とかでますよね?

 

風は、海面にものすごい影響力をもっているのです。

 

海面というのは、風が吹く方向に動く(滑る)のです。

 

 

 

ここで重要なのが、風の影響を受ける海水の厚みです。

 

風が強ければ強いほど、風と同じ方向に動く海水の厚みが厚くなります。

 

例えば、今、風速3メートルで左側に風が吹いていると仮定しましょう。

 

この時、海面下5cmまでの海水が風の影響を受けて左側に滑っているとします。

 

これが、風速6メートルになると、海面下10cmまでの海水が左に動くようなイメージです。

 

※ここでは、風の強さを2倍にしたら、滑る潮の厚みも2倍にしましたが、これは分かりやすくそうしただけですので、実際、海面の滑る厚さは、その時その時で推測するしかありません。

 

このように風によっても、2枚潮が発生するというのは頭に入れておいていただきたいです。

 

 

 

ここまでで、ウキを沈めることによって2枚潮を攻略できるということが、ものすごいアドバンテージであることが分かっていただけたでしょうか?

 

実際の海では、もっと強烈な3枚潮とか、4枚潮とかが複雑に発生していますが、ウキを沈めていけば、そんなものはあまり関係ないことが分かっていただけるかと思います。

 

 

 

私は、ウキがみえなくなることによるデメリットは何一つないと考えています。

 

ウキなんか見えなくてもアタリはしっかり糸にでます。

 

普通に考えて、ウキにアタリが出るくらい、チヌが糸を引っ張っているのであれば、よほどウキまでの道糸がたるみ過ぎでない限り、道糸に変化がでるよな〜って思いませんか?

 

 

 

それに、エサトリとか小魚の微細なアタリとか別に1つ1つ分らなくてよいのです。

 

小さなアタリをアワセきれなかった釣り師が「今のチヌの食いは渋かった〜」とかいいますが、本当にそうでしょうか?

 

これって、アタリは全てチヌだっていう素敵な勘違いが引き起こしてないですか?

 

結局小さなアタリが取れても、それが本命のチヌじゃなきゃ全く意味ないんですよ。

 

ウキが見えないという理由だけで、全誘導沈め釣りを敬遠するのはあまりにもったいないと私は思っています。

 

ウキが見えないことを100歩譲って私がデメリットだと考えたとしても、ウキを浮かべる時のデメリットの方がその何倍も大きいと考えるため、私はウキを沈めているのです。

 

 

 

でも釣りの楽しみ方は自分次第。

 

自分が楽しいように遊ぶのが釣りですから、私の持論に納得いただける方に、読み進めていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
磯竿シマノおすすめ「鱗海スペシャル」の評価
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価
バッカンのおすすめもダイワ
バッカンのロッドホルダー付きはフカセ釣りにおすすめですか?
がまかつおすすめロッドケース「プレミアム」
南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!
磯用ロッドケースはリールインタイプを強くおすすめします!

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube