【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜ細いハリスは釣れるのか?

スポンサードリンク


こんにちは。つぐむぐです。

 

今回は、「ハリスの細さが魚の食いに影響するのか?」についてお話したいと思います。

 

 

 

先に私の持論を申しますと、ハリスは細くなればなるほど釣れると考えています。

 

初心者の方であれば、普通「ハリスが細ければ細いほど、魚から見えなくなるから、よく釣れる」と考えるのではないでしょうか?

 

 

 

でも私はそうは考えていません。

 

チヌやメジナの視力は約0.1程度と言われていて、お世辞にも良いとはいえませんが、ハリスが太かろうが細かろうが、しっかりその存在は認識していると思います。

 

 

 

というのも、特にエサ取り系の魚に多いですが、道糸やハリスをつつきにくる魚がいます。

 

コッパグレ(小さいメジナのこと)やスズメダイ、ネンブツダイ、アジゴたちが、道糸やハリスのところに近づいて行って、口でパクパク糸をつついている光景を何度も見たことがあります。

 

フグにかじられた日には、糸が切れて仕掛けが全部流れていって、大損失を食らったことだってあります。(怒)

 

 

 

このような経験から、私は、魚には糸が見えていると考えています。

 

もちろん細いほど確かに見えにくくはなるでしょうし、深い場所ほど見えにくくなるでしょう。

 

しかし、水中生活に特化した彼らに水中でハリスが全く見えていないとは考えにくいです。

 

 

 

こういうと「じゃあ糸が見えているのに何で魚はエサを食べるの?」って言われます。

 

私はそれに対して、「魚の知力が低いから」と答えます。

 

 

 

どういうことかというと、仮に魚に糸が見えているとしても、「糸を魚が危険なものと認識しているのかどうか」が重要だってことです。

 

 

 
「この糸がついている不自然なエサを食べたら、私は上から得たいの知れない力によって引っ張られ、水面上の世界に連れて行かれてしまう。」

 

 

 

ここまで魚が考えられるのであれば、糸を認識したらエサを食べることはないでしょう。

 

でも実際、魚がそこまで予測できるはずがないですよね?

 

 

 

つまり、ハリスが見えていようが、それを危険だと認識する知性を持ち合わせていなければ、十分食いつくっていうことです

 

だから私は「魚はハリスが見えていても食う」と考えています。

 

 

 

では、最初に示した、なぜ細ければ細いほど魚が食うのかに対しての持論ですが、これには2つの理由を持っておりまして、より付けエサが自然な動きをするようになるからというのが一つ目の理由です。

 

フカセ釣りというのは、マキエを食べに来た魚が間違って、ハリのついたエサを食べることで成立します。

 

この前提でいくと、マキエとサシエが、同じような動きをすることが最も重要だと言えます。

 

それは、マキエの中にサシエが紛れ込んでいる状態、つまりマキエとサシエが同調している状態であるともいえます。

 

 

 

魚を釣るためのテクニックはいろいろとあるのですが、基本の基本はこの同調が実現できることで、これが釣果アップに最も重要なテクニックとなります。

 

ではなぜハリスが細いと同調がしやすくなるのか?

 

 

 

それは、ハリスが細いほど、潮の抵抗を受けなくなるからです

 

ハリスへの抵抗が減ると、ハリスからツケエに余計な力が伝わらなくなりますので、ツケエがより自然に流れていってくれるのです。

 

自然に流れるようになれば、魚が間違ってツケエを食べる。

 

ただそれだけの理由です。

 

 

 

ではもう一つの理由。

 

それは魚がエサをくわえた時の違和感が減るからです

 

魚はエサを食べた時に、よく違和感を感じてエサを吐き出すことがあります。

 

メジナ(グレ)はエサを吸ったり吐いたりできますし、チヌだって同じ行動をとります。

 

 

 

これらの魚がエサを吐き出す時、何に一番違和感を感じていると思いますか?

 

それはハリスなんです。

 

 

 

この質問を釣り仲間にすると、「ハリに違和感を感じている」と答える人が多いのですが、私の答えは違います。

 

だって、先ほどエサを口に一回入れて吐き出すグレやチヌの話をしましたが、これらの魚ってまだエサを噛む前に吐き出してますから(笑)

 

 

 

われわれだって、仮にエビの中に針金が入れてあっても、噛まないと分からないですよね?

 

同じように、魚がハリに違和感を感じて、一度口に入れたエサをすぐ吐き出しているとは考えにくい。

 

じゃあ、一度口にくわえた地点で、彼らの口に当たるものといえばハリスしかないのです。

 

ハリスが上唇とか口の横とかに当たるから違和感を感じるのです

 

 

 

いかがでしょうか?

 

魚のハリスに対する感性を考えていくのは、とても夢があって面白いと思いませんか?(爆)

 

私は四六時中こんなことを妄想しています。→どんだけ暇なんだっ!(笑)

 

 

 

でもこういう妄想ってやっぱり大事だと思います。

 

だって釣りって見えない水中の世界をイメージする遊びですから。

 

 

 

チヌやグレに聞かない限り真実は分かりません。

 

ただ、私たちは、いろいろと考え仮説を立て、それを現場で検証し、その成果を次の仮説に反映させて、さらにまた検証をして進化していくということが大切だと考えています。

 

考えることをやめたら進化が止まるといいますか。

 

 

 

そういう世界観が築けるかどうかも、同じ釣りを適当にやるのと、良い意味で馬鹿になってやるので大きく違ってくると思います。

 

そして馬鹿になるほど、面白いです。

 

今回の話を、そういう妄想のきっかけにしていただけたらなと思います。

 

 

★つぐむぐの超おすすめハリスはコレ!★

 


 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

 

スポンサードリンク

関連ページ

【堤防の海釣り】やるからには大物を狙いましょう!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その1〜堤防爆釣仕掛け・道具セット例〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その2〜撒き餌作りと仕掛けの投入〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その3〜沈め釣り仕掛けでのアタリの取り方〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】簡単4ステップ その4〜チヌとのやり取り(釣り方)〜
黒鯛(チヌ)爆釣仕掛けを輝かせるために〜引き出し(知識)を増やすことの大切さ〜
黒鯛(チヌ)は好奇心のかたまりだ〜ルアーや目立つ仕掛けが大好き〜
チヌ釣りにおける時期別ポイントの選び方〜体験から語る真実〜
黒鯛(チヌ)の習性・防衛本能〜釣れるポイント(場所)とは?〜
堤防での黒鯛(チヌ)の釣り方〜根掛かり多発地帯の攻略〜
黒鯛(チヌ)の生態と習性を利用した撒き餌テクニック
釣り具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜
チヌ竿(クロダイ竿)おすすめの選び方〜長さ・号数・重量
チヌ用(黒鯛用)リールおすすめの選び方
リールの巻き手はどっち「右利きの人はリールを左手で巻きなさい」と言われますが・・・
黒鯛(チヌ)フカセ釣り用集魚剤・配合剤の選び方〜撒き餌は大手高級メーカー品でなくても釣れる!〜
【撒き餌作りに悩むあなたへ】黒鯛(チヌ)釣り用集魚剤・配合剤を選ぶ上で絶対に知っておくべき4つのポイント
黒鯛(チヌ)フカセ釣りマキエ配合レシピ〜爆釣仕掛けをサポートする論理的思考〜
黒鯛(チヌ)フカセ釣り 先打ちマキエと後打ちマキエのロジック
黒鯛(チヌ)フカセ釣り シンプル ガン玉理論
あなたの釣りの師匠は優秀ですか?〜弟子の成長は指導者次第〜
黒鯛(チヌ)のフカセ釣りではエサのカラー戦略が重要!
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】なぜウキを沈めるのか?〜2枚潮を克服する〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキの浮力のはなし
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】誘い・サソイのテクニック
【黒鯛(チヌ)のフカセ釣り】2枚潮の厚みの見極め方と対策
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】道糸に求める性能とは
チヌ・グレ釣りにおすすめのガン玉と持っておくべき3つの重さ
一芸を極めるべきか引き出しを増やすべきか
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜刺し餌編(刺し餌理論もちょっと)〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜仕掛け投入編 遠投底同調釣法〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】餌取り対策〜超簡単撒き餌ワーク編〜
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り仕掛け】ウキ止め糸を使わない・ウキを浮かせない理由
【フカセ釣り道具】釣り糸(道糸・ハリス)に関する考察
【黒鯛(チヌ)フカセ釣り】水中から感じるべきシグナル
チヌ・グレフカセ釣りでおすすめの撒き餌杓【カップ・グリップ・シャフト全て最高】
【必見】冬の堤防 黒鯛(チヌ)釣り餌 検証レポート
黒鯛(チヌ)釣り仕掛け おすすめのウキ〜大征黒〜
【必見】黒鯛(チヌ)釣り撒き餌の配合・作り方
チヌ針 色・サイズ・ひねりを満たした逸品
黒鯛(チヌ)の習性 年無しの年齢と適正水温
冬の寒チヌ(黒鯛)釣りに朗報〜チヌはマラソンランナー〜
黒鯛(チヌ)の目(視力・視野)の秘密に迫る
夜釣りの黒鯛(チヌ)は太い仕掛けでもOK
黒鯛(チヌ)の嗅覚〜味と匂いは紙一重〜
釣果に直結!黒鯛(チヌ)の全誘導沈め釣りでのライン操作術
海で釣りを始める前に忘れてはならないテクニック
クロダイ(チヌ)は集魚剤だけで釣れるのかを検証してきました
釣研 大征黒 沈め【チヌ沈め釣り】) 100円〜
乗っ込みチヌ攻略ポイント(藻場と産卵の関係を理解しよう)
海水の透明度と釣りとの関係
チヌ沈め釣り初心者におすすめのウキまとめ5選
チヌ沈め釣り初心者の動きをみて感じた6つのこと
魚の視力と釣りの関係
チヌフカセ釣りにおすすめの道糸
ガン玉の付け外し術(ローテーション術)
チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ
チヌの刺し餌 おすすめ5選
ズボ釣り仕掛け チヌの釣果報告【メルマガ読者編】
ズボ釣りたった5カ月でチヌ釣り全国大会に進出した溝口誠さんのガチレポート
チヌ釣りにおすすめのナイロンライン「東レ銀鱗スーパーストロングブラックマスター」がリニューアルして復活
練り餌の保管・保存に超おすすめの海釣りえさ箱(餌入れ・エサバッカン)
釣り餌ボイルオキアミの使い方と生との違い
木村真也(きむらしんや)さんのチヌ釣り講座で学んだこと
道糸の太さだけで世界がガラリと変わる真実
木村真也さんの釣りが異次元レベルまで進化する!?
チヌのぶっこみ釣り仕掛けと沈め釣りは一緒?
撒き餌のオキアミは原型と砕く・刻むのはどちらがおすすめ?
チヌ夜釣り仕掛けもズボ釣り・沈め釣り?
チヌ釣りでグレ、グレ釣りでチヌが釣れるのはよくある?
磯竿シマノおすすめ「鱗海スペシャル」の評価
黒冴 がま磯チヌスペシャル評価
バッカンのおすすめもダイワ
バッカンのロッドホルダー付きはフカセ釣りにおすすめですか?
がまかつおすすめロッドケース「プレミアム」
南康史のチヌ釣り仕掛けから盗めるテクニック!
磯用ロッドケースはリールインタイプを強くおすすめします!

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube