堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方

スポンサードリンク

 
こんにちは。つぐむぐです。

 

今回は、マキエと仕掛け投入後の動作に当たる、仕掛けの流し方とアタリのとり方について解説していきます。

 

 

 

2ステップの最後の方でも言いましたが、実はここまでの2ステップ(ステップ1ステップ2)がきちんとできているかどうかで、メジナ(グレ・クロ)が釣れるかどうかはほぼ決まっています。

 

 

 

何故かというと、ステップ3以降にやることは「糸に適度な張りを保ちながら、流れていく潮に合わせて道糸を送り出すだけ」だからです。

 

 

言い換えると、「マキエと仕掛けに余計な力を加えず、同調させた状態で自然に流していくだけ」ということです。

 

 

 

この仕掛けを使用する上で、

 

マキエワークや投入タイミングのインターバル、サシエの工夫など、

 

グレを釣るためのテクニックは山ほどありますが、最初からそれらをあまり気にする必要はありません。

 

 

 

重要なので何度もいいますが、

 

ここまで書いてきた基本の2ステップを忠実に現場で行ってみてください。

 

それだけちゃんとやってもらうだけでも十分成果はでますから。

 

 

 

私は大事なことから先に話したい人間ですので、

 

最初に話したステップ1・2ほど本当に重要です。

 

 

 

たった2つですが、なめちゃだめっす。

 

この2つのステップというのが、意外に難しい。

 

 

 

とはいっても

 

最初は不慣れでうまくできないかもしれませんが、

 

少しずつできるようになるんで大丈夫。

 

 

 

 

誰だって最初は初心者です。

 

一日に何回もやる作業なので、だんだん慣れてきます。

 

 

 

 

話がそれましたので、本題に戻ります。

 

仕掛けを投入した後は、「竿先からウキまでの糸のたるみを取る作業」を行います。

 

 

 

といっても特に難しい作業ではありません。

 

竿の穂先を使って、またはリールで糸を巻いて竿先からウキまでを一直線にピン!と張ってしまえば大丈夫です。

 

 

 

仕掛けをマキエの着水点よりも10メートルほど沖に投入して、

 

マキエのところまで仕掛けを引っ張ってくれば、

 

それだけで竿先からウキまでの糸の弛みはなくなります。

 

 

 

ここで、弛みを取る主な理由は、

 

@余計な糸フケをとって、できるだけ早くグレのアタリを感じ取れるようにするため

 

そして、

 

A水面に浮かんでいる道糸の表面張力を取り去って、道糸とハリスが少しでも速く水面下に沈むようにするためです。

 

 

 

竿先からウキまでに一度張りを作ったら、あとは道糸を潮の速さに合わせて送っていきます。

 

 

 

ちなみにウキからハリまでのハリスをまっすぐするかどうかについても、

 

テクニックがあるのですが、

 

そのテクニックは別の記事で解説しますので、

 

とにかくマキエの中にサシエを入れることにすべての意識を集中してください。

 

 

 

 

沖からマキエのところまで引っ張ってくる場合は、

 

ウキとサシエの場所が違うので、

 

同調させるときに気を付けてくださいね。

 

 

 

 

仕掛けを潮の流れに乗せて流していくときは、必ずリールのベールを開けておいてください

 

この状態のことを、一応業界用語でオープンベールといいます。

 

 

 

 

流していく間は、竿先から出ている道糸が、

 

カタカナの「ノ」の字になるように、常に適度なタルミを作っておいてください

 

 

 

あまり張りすぎていると、

 

ウキに抵抗が伝わって、ウキが潮の流れに上手に乗れなかったり、

 

グレがサシエを口にくわえた時に

 

抵抗を感じてエサを離してしまったりするので気をつけてください。

 

 

 

 

ですから、張り過ぎになる前に、糸を少し送ってやって、

 

常に「ノ」の字になるように心がけましょう。

 

 

 

関連記事:沈め釣りで道糸の送り出しはいつまですればいいの?

 

関連記事:沈め釣りで仕掛けを流し続けるとウキが底(地面)につきそうですが

 

 

 

 

ここでアタリの話に入る前に、簡単にウキの話をしておきます。

 

ステップ1で申し上げたとおり、私の推奨しているウキの浮力は「OC(ゼロシー)」というものでした。

 

 

 

この浮力の話はあとでしますが、

 

特徴としては、仕掛けがなじむ(ウキからサシエまでのハリスがきちんと伸びきること)と、じわりじわりとウキが沈んでいきます。

 

 

 

初心者の方にとっては

 

「ウキ=水面に浮いているもの」というイメージがあると思うので、

 

最初は当惑するかもしれませんが、心配は無用です。

 

 

 

 

「なぜウキを沈ませるのか?」というと、当たり前ですが、グレが釣れるからです。

 

ウキを沈ませることで、初心者の方にとって大敵となる、風という自然条件を克服できます。

 

 

 

実は、風が全く吹かない日って海ではそうそうありません。

 

風があると、海面が風に押されて滑ります。

 

この時、ウキを浮かべていたらどうなるか?

 

 

 

もちろん、ウキは滑る海面の動きに従って流れていきます。

 

もし、海面と海中が違う流れをしていたらどうでしょうか?

 

 

 

水中に沈んでいるマキエは水面と違う方向に流れているのに、

 

ウキは海面の滑る方へ流れて仕掛けを引っ張っていきます。

 

 

 

こうなってしまうと、マキエと仕掛けの同調が実現できなくなります。

 

 

 

ちょっと深入りしたので、

 

今はよくわからなくても、問題ありません。

 

 

 

 

ただ分かっておいてほしいのは

 

「これは初心者でも簡単にグレが釣れる仕掛けなんだ!」ということです。(笑)

 

 

 

関連記事:グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」

 

 

 

 

ウキの話にそれましたので、アタリの取り方に戻りましょう!

 

 

適度なタルミを作りながら流していると、「ノ」の字に垂れていた道糸が

 

 

 

@ フッと不自然に動いたり、

 

A ピンと一直線に張ってリールから糸がふき飛んでいったりします。

 

 

 

Aの場合は誰でも分かるアタリですが、@の場合は注意が必要です。

 

 

 

おかしいなと感じたら、少し様子を見てみましょう。

 

それで糸が走っていけばアタリですし、走らない場合はエサを取られている可能性が高いです。

 

 

 

 

一応魚がかかっているかもしれないので、アワセを決めてから仕掛けを回収しましょう!

 

 

 

 

ここで、もしハリに魚がかからなかったらどうすればいいかというと、

 

次も漠然と同じような行動をしてはいけません。

 

 

 

 

最初に少し待って、アワセが決まらなかったのであれば、次は変化があったら即アワセてみましょう!

 

 

 

もし最初早く合わせてかからなかったのであれば、

 

次は逆に少し待ってみるとか、いろいろ待ち方も変えてみることが必要です。

 

 

 

アワセの具体的なやり方は次のステップで解説しますが、

 

釣り全体を通して、

 

一投一投考えながら釣ると釣果を劇的に伸ばすことができますので、

 

いろいろ考えながら釣りをしてみてください。

 

 

 

以上でステップ3を終わります。

 

次はいよいよ最終ステップとなります。

 

ここまでの知識を復習して次に進まれてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube