堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み

スポンサードリンク


こんにちは。つぐむぐです。

 

いよいよ最終ステップになりましたね。

 

 

 

この簡単4ステップシリーズでは、「初心者の方が手っ取り早く一生使える仕掛けの知識を習得し、メジナ(グレ・クロ)を釣れるようになること」に目的を絞って解説しています。

 

 

 

ここまでの4ステップの知識を習得し、海で忠実に再現していただければ、速攻で十分結果がでることは自負しています。

 

 

 

しかし、さらに上手になりたい人、中級クラスを目指したい人には、そのためにコンテンツも用意していきますので、そちらの方でレベルアップされてください。

 

 

 

とりあえずこの章で、簡単4ステップは完結となりますので、ワクワクしながら読み進めていってくださいね。

 

では早速本題に入りましょう!

 

 

 

 

ステップ3では糸の送り方やアタリの出方について解説しました。

 

アタリが出る瞬間というのは、本当にアドレナリンが出ます。

 

特にグレのアタリは明確でしっかり道糸に出ますから、とても気持ちが良いです。

 

 

 

 

 

水中でグレが捕食する様子を見たことがある人は想像に難くないと思いますが、グレってエサをくわえたら、一気に反転して深場に潜っていく行動をとります。

 

この時、一気に糸が引っ張られるもんですから、道糸に明確なアタリが出ることが多いのです。

 

 

 

 

私の推奨仕掛けでアタリを体感したら、「魚がかかったらウキが沈む!という昔ながらの釣り方」とは違った新世界の感覚に、衝撃を覚えられることでしょう。

 

 

この瞬間をぜひ味わってほしいのです。

 

 

私は今までに何千回とこれを経験していますが、一向に飽きません(爆)

 

 

 

何度経験してもアタリが出る習慣というのは最高です。

 

 

このアタリを一度体験すれば、あなたがグレ釣りにハマることは間違いなしです!

 

 

 

 

さて、ステップ3で、アタリには大きく2種類あることを解説しました。

 

 

アタリがあってもアワセるか待つかの判断を迫られる、「モゾモゾ系アタリ」。

 

 

そして、誰がみてもアタリだと分かるくらい速いスピードで糸や竿先を持っていく「ぶっとび系アタリ」。

 

 

 

ではこのようなアタリが出た後、どのようにアワセを決めればよいでしょうか?

 

 

初心者の方であれば、「アワセ=勢いよくビュン!と竿を立てるイメージ」をお持ちの方が多いと思います。

 

 

 

川でのべ竿を使った釣りをしたことがある人は、このようなアワセをした経験が少なからずあると思います。

 

 

それはそれで楽しみ方なので、別にいいのですが、フカセ釣りにおいては、あまり激しくアワセをするのはやめましょう。

 

 

 

例えば、ラインに傷が入っていると高切れ(道糸が切れること)を起こしてしまいます。

 

海では川と違って糸をどんどん出していくので、釣りをしているうちに、糸が何かの障害物に触れて、傷が入りやすいです。

 

 

 

また、何より良くないのが、強烈なアワセにグレがビックリして、勢いよく根(すみか)に走られてしまい、ヤリトリが大変になることです。

 

一度グレに根に入られるとなかなか出てきません。

 

場合によってはバラスことにもなりかねないので、強烈なアワセはおススメしません。

 

 

 

 

そのため、アワセ方はソフトに「リールのスプールを中指で抑えて糸の放出を止めるだけ」で大丈夫です。

 

道糸にアタリが出ている段階で、すでにグレの口にハリはかかっています。

 

ですから、強烈にアワセを決める必要はないんです。

 

 

 

 

糸の放出を止めるだけで、しっかりハリがグレの口に貫通します。

 

 

 

さて、糸の放出を指で止めることができたら、そのままゆっくりと竿を立てます。

 

この段階では、ベールを閉じる必要はありません。

 

ベールは、しっかり竿を立てきった後で、閉じ、その後ヤリトリを始めるようにしてください。

 

 

 

リールのベールを早々と閉じてしまうと、グレが大型の場合、最初から一気に走っていきますので、竿が伸されてしまいます。

 

ベールを開いておくことで、最初の急な走りにも糸が出て対応してくれるので、竿が伸される心配はありません。

 

 

 

 

グレとのヤリトリですが、おすすめは竿をしっかり立てた状態でリールで糸を巻くクセをつけましょう。

 

 

本来魚は竿で寄せるのが定石です。

 

 

 

なのに、なぜ私が竿は立てたままで、リールで糸を巻いて魚を寄せるように推奨するのかといいますと、初心者の方は竿を使うと必ずグレに反撃の隙を与えてしまうからです。

 

 

初心者の方っていってますけど、ぶっちゃけ中級者でも、隙を与えている人はめちゃくちゃ多いです。(笑)→ギクっとした人いませんか?笑

 

 

 

竿で魚を寄せた場合、その寄せた分の道糸をリールで回収する作業が必要になりますが、この回収作業の時に、そうとうな上級者でないと、グレにかかるテンションが一時的に弱まるのです。

 

先ほどまで体を引っ張られていたグレは、このテンションが緩んだ隙を見逃しません

 

この瞬間というのは、グレが反対側を向ける貴重な時間なのです。

 

 

 

グレという魚は頭を一度こちらに向けてやれば、テンションをゆるめない限り素直に寄ってきてくれる魚です。

 

ですから、釣り人は一度こちらにグレの顔を向けて寄せてこれる段階に入ったら、そのチャンスをみすみす逃してはいけません。

 

それも自分のせいで逃すなんて愚の骨頂です。

 

 

 

本来は竿でグレを寄せるべきという知識を持っておくことはもちろん重要ですが、最初からそれを実現するのは正直難しいということも理解しておいてください。

 

 

 

ですから、竿を立てて、とっさの反撃にも対応できる体制を確保しながら、リールで一定の速度で糸を巻くことで、グレに反撃の隙を与えず、スムーズに取り込むことができます。

 

糸を巻くスピードを変えては、グレに違和感を与え、暴れさせるきっかけになりますので、一定のスピードというのも厳守してください。

 

 

 

この方法で瀬際まではよってきますが、どのみち瀬際では最後の抵抗をグレは見せます。

 

最後の力を振り絞って一気に潜って反撃してきますので、竿を地面と平行よりちょっと上に立てて耐えてください

 

 

 

この時グレを早く浮かせる作戦があるのですが、それは別の記事で説明します。

 

突っ込みに耐えて、糸が巻けるようになったら、糸を巻いて水面まで浮かせましょう!

 

 

 

グレを水面まで浮かせたら、タモに入れてフィニッシュとなります。

 

タモ入れは必ずグレの頭からタモに入れてください。

 

 

 

初心者の方で、魚の尻尾の方から魚の追いかける形ですくおうとする人が多いですが、これをしてしまうとタモに驚いたグレがタモから逃げて暴れるので、やめましょう。

 

 

タモに入ったらヤリトリ終了となります。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

ここまでいかがでしたでしょうか?

 

頭の中でグレは釣れましたでしょうか?笑

 

 

 

4つのステップでグレを釣るために必要なエッセンスをお話ししてきました。

 

ここまで話した4ステップを忠実に再現すれば、必ずグレはあなたに微笑んでくれます!

 

というか再現できればもはや初心者の域ではありません(笑)

 

中級者といってよいでしょう!

 

 

 

 

適当に釣りをしている人たちであれば、一瞬でゴボウ抜きできますよ(笑)

 

まじで。

 

 

 

ここまで言ったとしても「たったこの4つの記事だけで!?」とまだまだ疑いもあることでしょう。

 

どこの誰だか分らない私の話をいきなり信用するのが、難しいというのはよく分ります。

 

 

 

この仕掛けは確かに釣れる仕掛けですが、別に疑ってまで誰にでも使ってほしいなんて思っていません。

 

ただ私の話に興味があった人には、確かに釣れる仕掛けだけにぜひ使ってほしいです。

 

 

 

何でもそうですが、本当に重要な情報というのは、少なくても十分なんです。

 

それが本質をついているのであれば。

 

 

 

グレ釣りでいえば、まず同調という最大の課題を解決できる情報だけもっていれば良いのです。

 

前にも申した通り、この仕掛けのポテンシャルをさらに発揮するためのテクニックは沢山あります。

 

ですが、それは枝葉であって、幹ではありません。

 

 

 

あくまで、幹はここで話した4つのステップになりますので、そのことを十分にご理解いただければと思います。

 

 

 

「百聞は一見に如かず」です。

 

一連の流れを頭に入れたら、さっそく海にでかけて実践してみましょう!

 

 

 

釣りにおいてはインプットだけではなく、アウトプットが非常に大切です。

 

いざ海で試してみると、再現できないことや疑問が次々と浮かんでくることでしょう。

 

そうやってまた調べて、試して、調べて・・・と繰り返すことでメキメキと釣りがうまくなっていきます。

 

 

 

 

基礎講座はこれで終了ですが、さらに上を目指す人のための知識は、追ってどんどん発信していきますので、そちらの方も楽しみにしていてください。

 

 

 

それではご健釣をお祈りしています(^^)

 

 

 

 

長い長い4回講座。

 

最後まで目を通していただき本当にありがとうございました!

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube