メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調

スポンサードリンク

 
こんにちは。つぐむぐです。

 

今回はメジナ(グレ・クロ)釣りをする上で確実に理解しておかなければならないテクニックである、ツケエとマキエの同調についてお話します。

 

 

 

最初になぜ同調が必要なのかについて解説します。

 

マキエをまくと、食い気のあるグレはマキエを食べにやってきます。

 

この時、グレを釣るためには、マキエを食べに来たグレに、誤ってハリのついたエサ(サシエ)を食べさせなければなりません。

 

 

 

その時、きちんとマキエとツケエが同調(どれがハリの仕込んであるエサが分らない状態)していれば、高確率でグレをだますことができます。

 

 

だから何度も同調が必要だと言っているのです。

 

 

 

もちろん状況によって、同調をわざとさせなかったり、同調させるタイミングを意図的にずらしたりするテクニックが存在しますが、あくまでそれは応用です。

 

 

 

最初は基本の基本、サシエとマキエの同調を徹底的にマスターしましょう。

 

釣りに限らず、野球でも仕事でも何でもそうですが、基礎なくして応用なしです。

 

最初を雑にしてしまうと発展させるのは、かなり難しくなるので、ぜひ基本に忠実にお願いします。

 

 

 

同調が重要な理由は分かりましたでしょうか?

 

では次に同調を実現するためにどのような手段があるのかを解説していきます。

 

 

 

まずは仕掛けへのこだわりが必要です。

 

仕掛けというのは、ウキ、ハリ、ハリス、ガン玉などのパーツの組み合わせの数だけ存在しますから、何万通りという数の中から、状況にあった一手を打つ必要があります。

 

この適切な一手を繰り出すことこそ、釣り人の技量なのですが、基本的な考え方として、組み合わせは少ないに越したことはないと私は考えています。

 

 

 

これは初心者ならもちろんのこと、そこそこグレ釣りをやっている人でも、組み合わせは少ないに越したことはありません。

 

問題を複雑に考えれば考えるほど、頭が混乱しますから。

 

 

 

では具体的に私がどんな仕掛けを使っているかといいますと、以前の記事で紹介した推奨仕掛けのみです。

 

やることといえば、その仕掛けにガン玉を打ったり、はずしたりするだけです。

 

 

 

もちろん状況によっては、ハリスの長さを変えたり、ハリを変えたりもしますが、ウキを変えることはありません。

 

「変えないのはウキだけじゃないか!」と思うなかれです。

 

 

 

他の仕掛けだと、ウキを変えたり、ウキ下を調整したりと仕事が増えます。

 

ウキたった一つだけでもパーツが固定されておくことで、その組み合わせ数が何倍も減少します。

 

 

 

そして、何よりこのウキだけで全ての状況に対応できると私は考えています。

 

※ガン玉の打ち方は別の記事で解説します。

 

 

 

断っておきますが、これはどんな状況でも100%、私が釣れるという意味ではありません。

 

言うまでもないですが、どんな状況でも100%釣れる仕掛けなんて存在しません。

 

それは、グレという存在が、エサをそもそも食べない状況だって確実にあるからです。

 

 

 

そういう極論ではなくて、あくまでグレに普通に食い気がある状況(別に高活性でなくてもエサを食べている状況)において、どんな状況にも対応できるという意味です。

 

グレが捕食している状況でさえ、グレを釣れない人はたくさんいますから、高確率でグレをしとめられるというのは大きなアドバンテージなのです。

 

 

 

私の推奨する仕掛けが、なぜ同調に有利なのかといいますと、その秘密はハリスの長さにあります。

 

 

 

まずハリスの長さを7mとると、ハリスの中にウキが入ります。

 

ハリスの中にウキが入ると何故いいのかといいますと、カーボンハリスというのは比重が重いため、海水にすばやくなじんで沈みます。

 

ウキの上と下のハリスが水面下に速く沈み込んでくれることで、仕掛け全体がしっかりと潮をつかんでくれます。

 

 

 

おまけに推奨仕掛けでは、ウキもジワジワと沈んでいくため、水面に吹き付ける風の悪い影響も消し去ることができます。

 

 

 

このような理由から、私はハリスを長くとって、ハリスの中にウキを入れているのです。

 

 

 

ただ、注意点がありまして、、、、

 

 

それはマキエとサシエを最初から同調させておくことです。

 

最初からというのは、マキエを先に打って、後で仕掛けを投入しますが、マキエの位置と、サシエの位置が投入した時点からしっかりと同じ場所にあるという意味です。

 

 

 

最初からマキエと仕掛けが全然違う場所に着水していて、果たしていつ両者は同調するのでしょうか?

 

絶対に同調しませんよね?^^

 

 

 

推奨仕掛けは、横の動きについては潮の流れに従順に、縦の動きに関しては、ほぼマキエと同じ速度で沈んでいきますので、最初からずらしてしまうとマキエとサシエは交わりあうことがないのです。

 

これは重要なことですので、絶対に覚えておいてください。

 

 

 

さて、ここまでは、仕掛けをメインにお話しました。

 

あともう一つ覚えておいてもらいたいのが、マキエへのこだわりです。

 

 

 

最初に言っておきますが、マキエ選びは超重要です。

 

多くの釣り人はマキエに仕掛けを合わせるという発想で釣りをしますが、ここで覚えておいていただきたいのが、「マキエから仕掛けに同調させる」という考え方です

 

この両方の考えを融合させることによって、最強の同調を実現することができます。

 

 

 

では、仕掛けから同調してくるマキエってどんなものでしょうか?

 

詳しくはマキエのところで解説しますが、簡潔に言うと縦にも横にも幅広く拡散するマキエです。

 

つまり、さまざまな比重の集魚剤を混ぜ込んだマキエということです。

 

 

 

仕掛けを投入してから回収するまでの一流しで、仕掛けというのは、一つの流れ方しかできません。

 

しかしマキエはどうでしょうか?

 

マキエにさまざまな成分を混ぜてやると、広がったり、沈んだり、浮いたり、粒子によっていろいろな動きをしてくれます。

 

 

 

「仕掛けの流れ方が一律で、マキエの沈み方・広がり方も一律」よりも、「仕掛けの流れ方が一律、マキエは縦にも横にも広がる」方が、高確率で同調しますよね?

 

この理屈は誰でも分かると思います。

 

考えてみると単純なのですが、マキエに気を遣う釣り人というのは、なかなか少ないもんです。

 

 

 

釣具屋でマキエを選んだ地点で、その日の結果が決まっているといっても過言ではありません。

 

ぜひ戦略的なマキエ配合をして、同調を容易にし、結果を出していただきたいと思います。

 

この記事だけでは説明に乏しいところもあるので、具体的な配合例なんかも追って解説しますね。

 

 

 

今回はこれで以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube