潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@

スポンサードリンク


どうもつぐむぐです。

 

今回から釣りの壮大なテーマの一つである潮についてお話ししたいと思います。

 

潮については巷で、「状況によって異なるから難しい」なんて言われてますから、

 

潮の見方が分からないという人も多いと思います。

 

確かに難しいテーマではありますが、そこをできるだけ分かりやすく、これから何回かに分けて解説できればと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

では今日も張り切って行きましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

(今回はだ・である調で書きました)

 

第1回は潮目について話そうと思う。

 

そもそも潮目とは何かご存じだろうか?

 

 

 

 

答えは、2つ以上の潮流がぶつかりあう境目のこと。

 

 

 

 

 

例えば、単調に流れている潮が2つあったとしよう。

 

1つは右へ流れ、1つは左へ流れているとする。

 

 

 

双方ぶつかるまでは、お互い特に変な動きをするわけでもなく、ただ単調に流れている。

 

単調に流れている潮の中にプランクトンがいるとすると、彼らは潮の流れに従順に・単調に流されていくだけだ。

 

 

 

【ぶつかる前】(上空から見た図)

 

 

 

 

 

 

しかし、双方がぶつかる潮目では事情が異なる。

 

潮目では、単調だった潮流に必ず変化が生じる。

 

 

 

 

 

【ぶつかった後】(上空から見た図)

 

 

 

 

 

 

上の図は、潮目を上空から見た図である。

 

2つの潮がぶつかると、まず来た方に弾かれる潮が発生する。

 

 

 

しかし、そうだとしても、後ろから後続の潮が来ているので、それは大きな流れとはなれない。

 

ただ、横に流れることはできる。

 

 

 

他にはどうだろう?次の断面図を見て欲しい。

 

 

 

【ぶつかった後】(水中の断面図)

 

 

 

 

 

 

 

来た方に弾かれた潮があったとしても、後ろから後続の潮が来ているので、それは大きな流れとはなれない。(先ほど説明済み)

 

では、湧き上がる流れはどうだろうか?

 

湧き上がる流れも水面より上の空中にはいけないので、大きな流れとなることはできない。

 

一部が先に説明した横の流れに合流する程度だろう。

 

 

 

弾かれても、湧き上がっても大きな流れとなることができなければ、潮目の水中ではどういう潮の動きが発生するだろうか?

 

 

 

残された選択肢はただ1つ。

 

 

 

潜る潮が発生する

 

 

 

潜る潮があるということは、魚たちは空からの脅威にさらされることなく、深場で口を開けて待っているだけで、エサにありつける。

 

潮目とは、潮が勝手にエサを運んできてくれる食堂なのだ。

 

 

 

それ故、潮目にはたくさんの魚が集まる。

 

プランクトンを食べる小魚、そしてそれを食べる中型魚、大型魚・・・という風に。

 

 

 

 

速足であったが、潮目に魚が集まる理屈を理解していただけただろうか?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ところで、フカセ釣りでよく「メジナ(グレ)は潮を釣れ!」といわれる。

 

これは、グレという魚が本能的に潮の性質を理解している魚だからに他ならない。

 

 

 

グレは潮目にいけば、リスクなくかつ楽してエサにありつけることを知っているのだ。

 

だから、釣り人はマキエをいたずらに撒くのではなく、「どこの潮目にグレが来るから、どこにマキエを撒けばちょうどよい」なんてことを考えて釣りをしなくてはいけない。

 

 

 

これがあるから、グレ釣りは難しくもあり、面白い。

 

初心者の方はへえ〜潮目って食堂なんだ〜位に思ってもらえれば十分だ。

 

 

 

潮目を理解するには、いろいろな知識が必要だから、今後も情報を発信していく。

 

 

 

当サイトによって、読者の方が、難しいと思われがちな潮目を理解できればと思う。

 

では今回はこれで。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

スポンサードリンク

関連ページ

メジナ・グレ・クロの違いってなんですか?
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング
磯竿ダイワおすすめ「大島」評価
がま磯アテンダー2の公正評価・インプレ
シマノのおすすめフィッシンググローブ
フィッシンググローブダイワおすすめ「DG-1006T」
磯釣りにおすすめのロッドケース「釣武者ロッドケーススリム」

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube