グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード

スポンサードリンク

 

グレ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード

 

 

 

 

最近、読者の方からの質問が多く、

 

記事を書くのに、普段使わない頭を使いまくっている

 

つぐむぐです(笑)

 

 

 

 

でも、ほんと質問はありがたいっすね。

 

 

 

だって、細かい悩みとかは

 

やっぱりその人によっても違うし

 

僕自身がかつて悩んでたことも

 

時間が経って忘れていることも多い。

 

 

 

 

そんなのは、もう質問してもらう以外に

 

僕が思い出して話すことは不可能なんで(爆)

 

 

 

 

「本当に質問はありがたいなぁ〜」

 

って思ってるところ。

 

 

 

 

はい。

 

いつもの悪い癖で前置きが長くなりました(笑)

 

 

 

本題に入りま〜す!

 

 

 

 

今日はハリスの話。

 

 

 

 

僕のおすすめのハリスは

 

繊維メーカーの老舗、東レが作ってる

 

トヨフロンシリーズのスーパーLハード。

 

 

 

 

これ、しなやかさと強度が抜群なんすよ。

 

特に強度は僕の中で、東レ最強!!!

 

しかも価格が安い!!!!!!!

 

 

 

 

ハリスとか高いメーカーのは、めっちゃ高い。

 

でも高くていいのは当たり前^^

 

 

 

 

これは世の中の原理原則。

 

もちろん詐欺商品は別ですけど(苦笑)

 

 

 

 

 

こう考えると、

 

「安い=良くない」ってなりそうだけど、

 

これが違うんだな^^

 

 

 

 

このハリスは

 

質も高くて超安い。コスパー超よし!

 

 

 

 

 

防波堤のグレ釣りだと

 

めちゃくちゃ気にする必要はないけど、

 

グレは基本、ハリにかかったら一気に底まで突っ込む。

 

 

 

で、一度根に入ると全然でてこなくなる。

 

出す方法はあるんだけど、それは別の記事で。

 

 

 

一旦、根に入られると、

 

ハリスが根に当たって、

 

瀬ズレで切れるリスクが激増する。

 

 

 

 

 

こんな時に、ハリスの強度が強いと助かるんすよ。

 

だって、

 

「柔らかくて、しなやかなハリスだと

 

ラインブレークしてた!」って場面で

 

ハリスが切れないからね。

 

 

 

堤防で根に入られる可能性は磯ほど高くないけど、

 

万が一に備えておくと安心じゃないっすか^^

 

 

 

堤防にもまぁまぁのグレが潜んでいることもあるしね。

 

 

 

 

備えあれば憂いなし!

 

 

 

 

ハリスの強度も加減が大事で

 

あまり固すぎると、グレの食いが落ちるんだけど

 

このLハードはそんな心配は皆無。

 

 

 

 

 

まさに強度としなやかさが高いレベルで融合してる

 

素晴らしい商品。

 

 

 

 

ちなみに、僕はチヌ釣りでもこのハリスを勧めてる。

 

ハリスの種類なんて

 

信頼できるのだけ、1つ使ってりゃ問題ない。

 

 

 

 

以上が僕のハリスに対する考え方になる。

 

 

 

 

最初はグレ釣りのテーマに絞ったけど、

 

結局最後は

 

「チヌ釣りでも同じハリス使ってみて!(=フカセ釣り全般で使用OK)」

 

って結論になっちゃいました(笑)

 

 

 

 

今後の釣りの参考にしてもらえると嬉しいです!

 

 

 

 

ではでは!^^

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube