道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!

スポンサードリンク


道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!

 

 

 

 

 

どうもつぐむぐです!

 

 

 

 

今日は道糸の太さに関して話そうと思う。

 

 

 

 

突然だけど

 

堤防や磯で道糸何号を使ってますか?

 

 

 

 

多分、多いのは

 

1.7号とか2号とか辺りかなと?

 

 

 

 

世間一般的には

 

「道糸がでかいほど、大きい魚が捕れる!」

 

って思われてるから、

 

釣り師としては万が一に備え、

 

道糸を太くしてしまいがち。

 

 

 

 

でも、その選択が

 

釣果を激減させてるかもしれない?

 

って知ってました?

 

 

 

 

 

なぜって、道糸は細ければ細いほど良いから

 

 

 

 

 

道糸って釣り具の中で軽視されがちだけど、

 

かなり重要なツール。

 

 

 

 

 

特に道糸の重量と太さは超絶重要!

 

 

 

 

 

今日は太さの話だね。

 

 

 

 

道糸が細ければ良い理由として

 

 

 

まず、道糸が仕掛けに与える抵抗が少なくなる。

 

 

 

 

 

 

海に撒かれた撒き餌は潮の流れに乗って自然に流れる。

 

 

この時、仕掛けにも道糸がついていなければ、

 

潮の流れに乗って、自然に流れていく。

 

 

 

 

しかし、現実問題として

 

道糸がないと

 

魚を釣り上げることができないわけで。

 

 

 

 

でも、道糸があると

 

どうしても仕掛けを流せば流すほど、

 

釣り人とウキ以下の仕掛け、をつなぐ道糸が

 

潮流の抵抗を受ける。

 

 

 

 

 

この抵抗が仕掛けに変な力を加えるため、

 

撒き餌と仕掛けが段々ずれてくる。

 

 

 

 

 

これじゃあ、

 

撒き餌と仕掛けの同調を基本とする

 

フカセ釣りでは釣果があがりにくい。

 

ひどい場合は、ボウズだってあるだろう。

 

 

 

 

だから、釣り人にできる対策はただ一つ。

 

 

 

 

それは、

 

道糸を少しでも細くして、

 

潮流の抵抗を減らしてやることだ。

 

 

 

 

 

ラインが細くなれば、

 

表面積が減るので、潮流を受ける面積も減る。

 

つまり、抵抗が減り、

 

仕掛けに変な力が働きにくくなる。

 

 

 

 

 

こんな感じだ。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

これこそが

 

「道糸が少しでも細い方がいい最大の理由」だけど

 

実はもう一つ

 

忘れてはならないメリットがある。

 

 

 

 

 

それは仕掛けの投入飛距離が伸びること。

 

 

 

 

 

さっきは

 

「ラインが細くなれば潮流の抵抗を減らす」って言ったけど、

 

これは潮流だけでなく、空気抵抗も一緒。

 

 

 

 

仕掛けを投げる時に

 

道糸が抵抗を受けなくなる分、

 

仕掛けが失速しにくくなり、

 

結果として仕掛けの投入飛距離が伸びる。

 

 

 

 

 

チヌ釣りでもグレ釣りでも

 

「フカセ釣り全般で遠投できた方が有利」

 

であることは

 

いろんなところで話してる。

 

 

 

関連記事:チヌ釣りで撒き餌の遠投が必要なワケ

 

 

 

 

一人で釣ってたら、なかなか分からんけど

 

他人と釣り比べると

 

より遠投できる人が勝つケースってめっちゃ多い。

 

 

 

 

 

だから、

 

「堤防とかで、隣の人より一匹でも多く釣りたい」

 

って人は遠投できるように

 

細いラインを使いましょう!

 

 

 

 

 

 

今はラインの製造技術も

 

素晴らしい進化を遂げていて、

 

細くても強い。

 

 

 

 

とはいっても

 

「具体的にどの位の細さにすればいい?」

 

って疑問があると思う。

 

 

 

 

 

それについては、

 

僕は1.5号をおすすめする。

 

 

 

 

 

道糸もいろいろ使ってきたけど、

 

1.5号こそ、

 

初心者でも強度と扱いやすさが

 

一番バランスよく保てる号数だと思う。

 

 

 

 

 

もちろん仕掛けの流れ具合も

 

自然体に近い動きを実現できる。

 

 

 

 

 

よく「1.5号は細い」

 

って言われることもあるけど、

 

堤防なら楽勝だし、

 

磯でも道糸は1.5号通しで問題ない。

 

 

 

 

無論、男女群島のような離島では

 

場違いだけど^^

 

 

 

 

 

そんなとこ初心者で行く人は

 

ほぼいないだろう。

 

 

 

 

 

堤防釣り初心者は

 

1.5号一択で全然問題ないんで、

 

それで釣りをやってもらえたらと思う。

 

 

スポンサードリンク

 

 

余談だけど、

 

最初から道糸が巻いてあるリールが

 

釣り初心者用として、釣り具屋に売られてるけど、

 

フカセ釣りに関して言えば

 

あれは、超ウルトラ最悪!!!!(爆)

 

 

 

 

 

理由も一応言うと、

 

ヨレ入りまくり、

 

太すぎ、

 

性質もフロートタイプなどなど(笑)

 

 

 

 

 

仕掛けにある程度重量がある

 

ルアー釣りとかサビキ釣りなら

 

ヨレがそこそこ伸びて、そんなに問題ないけど、

 

軽量で繊細な仕掛けを使う

 

フカセ釣りには完全アウト!!!

 

 

 

 

 

道具の知識がないと、

 

ついつい「安くてもいいやろ?」

 

って劣悪な商品を買ってしまいがち。

 

 

 

 

 

特に釣りを始めた最初の頃ほど

 

「最初は安い道具から」

 

って思う人多いもんね。

 

 

 

 

 

でも道具には全て意味があるし、

 

仕掛けに大きな影響を与えている。

 

 

 

 

 

ここを適当にやってちゃ、結果はでない。

 

遠回りになりやすい…

 

 

 

 

まあ最初は知らないから当然かもしれんけど、

 

この記事読んでる人は、道具の大切さを知ったから、

 

さすがに使えない商品は誤って買わないと思うww

 

 

 

 

関連記事:釣り初心者が道具を買う前に絶対知っておきたいこと〜安物買いの銭失い 予算はケチり過ぎるな〜

 

 

 

 

大事なことは

 

釣り人のイメージ通りに働く仕掛けを組むこと。

 

 

 

 

 

あ、今イメージがなくても心配無用。

 

 

 

 

 

とりあえず、手っ取り速く

 

結果を出すためのイメージは

 

このブログの記事読めば作れるようになるんで^^

 

 

 

 

 

僕が推奨してる仕掛け(チヌ用、グレ用)ってのは

 

僕のブログで書いてるイメージを

 

最も効率よく実現できる組み合わせを書いてるんで、

 

丸パクリしてくれればとりあえずOK!

 

 

 

真似してもらって大丈夫なんで。

 

 

 

 

そんな感じっすね。

 

 

 

 

結論、

 

道糸は細ければ細いほどいいです。

 

 

 

 

今1.7号以上を使ってるって人は

 

1.5号、ぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

 

まじで、扱いやすさとか

 

飛距離とか流しやすさとか

 

異次元に変わるんでね^^

 

 

 

 

結果も変わって楽しさも膨らみますよ〜!ではでは!

 

関連記事:チヌフカセ釣りにおすすめの道糸

 

関連記事:メジナ(グレ)釣りでおすすめのサスペンド道糸

 

 

スポンサードリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

〜お知らせ〜
「つぐむぐ」ってそもそも誰?


釣りメルマガ(読者数1350人突破)


裏メルマガ(ネットで稼ぐための正攻法)



【今だけ!】「釣りビジョン」が31日間無料!解約も可<U-NEXT>

2週間無料でDMMの動画が見放題!R18も充実

 

 

 

〜釣り人におすすめの記事〜
最高級のがま磯竿(新品)をたった13,642円で手に入れた実話

 

えっ!誰でも釣行紀を書いてお金が稼げるってホント!?

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

関連ページ

メジナ・グレ・クロの違いってなんですか?
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング
磯竿ダイワおすすめ「大島」評価
がま磯アテンダー2の公正評価・インプレ
シマノのおすすめフィッシンググローブ
フィッシンググローブダイワおすすめ「DG-1006T」
磯釣りにおすすめのロッドケース「釣武者ロッドケーススリム」

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube