グレの撒き餌の打ち方

スポンサードリンク


どうもつぐむぐです。

 

 

撒き餌と聞くと、一番釣り師が気になるのが
撒き餌の配合レシピだと思う。

 

配合レシピはめっちゃ大事。
レシピしだいで仕掛けとの同調確率にも変動が起こる。

 

釣具屋で集魚剤を手に取った地点で、その日の釣果が決まるといっても
決して大げさではないだろう。
それだけに、撒き餌の成分には気を遣いたいものだ。

 

ちなみに配合レシピについては、コチラの記事で解説しているので
そっちを見てもらえると嬉しい。

 

 

 

ただし、どんなに良い撒き餌を作っても
その打ち方がしっかりできてないと、
グレ釣りで良い成果を上げるのは難しい。

 

撒き餌の配合がよければ、それだけである程度は釣れるだろう。
しかし、さらなる一尾を狙うというような釣りを目指すのであれば
撒き餌の打ち方の習得が不可欠だ。

 

 

一口に撒き餌の打ち方と言っても、まず
撒き餌を仕掛け投入の前に打つ、先打ち撒き餌、
撒き餌を仕掛け投入の後に打ち、後打ち撒き餌
というのがある。

 

けど、これらの詳細については
コチラの記事で詳しく解説しているので
そちらを見て欲しい。

 

今回は、先打ち撒き餌、後打ち撒き餌の話ではなく、
杓ですくった撒き餌を投げる時の打ち方について深く掘り下げたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

 

 

撒き餌の基本は広げて打つ

何度も話していることだが、
グレ釣りで最も重要なテクニックとして
撒き餌とサシエの同調というのがある。

 

撒き餌を食べに来たグレを効率よく捕獲するには、
撒き餌の中にサシエを紛れ込ませるのが一番。

 

これを同調というけど、グレはチヌと違って
この同調を特に意識した釣りを展開した方が圧倒的に釣れる。

 

チヌはグレよりも大分好奇心が強く
動くものや目立つものに強烈にアタックしてきやすい。
そういう意味でチヌ釣りではサシエに目立つものを用いたり
あえて撒き餌の煙幕からサシエを外したりすることもある。

 

グレも確かに好奇心は強いんだけど、基本は臆病者。
普段は岩陰に隠れていることが多い。
そのため僕はグレを一種の根魚だと思っている。

 

グレを同調重視で狙うとなれば、
僕らはできるだけ簡単に確実に同調を実現できる工夫をしたいものだ。

 

 

そのための一つのテクニックとして
撒き餌を広げて打つというのがある。
別の言い方をすると、散らして打つとも言える。

 

 

では、どうして撒き餌を散らして、広げて打つといいのだろう?

 

 

ちょっと極端な例で考えてもらったら分かるけど、
撒き餌がボールみたいに固まっているとしよう。
テニスボールくらいの大きさの撒き餌の玉が沈んでいるところに
サシエをピンポイントであわせるってのは
かなり難易度が高いよね?

 

まだ、撒き餌の玉が見えているならいいよ。

 

でも、海は基本深いから撒き餌の玉は見えないところまで沈んでいく。
こんな深い場所で、玉の場所にサシエをあわせるのは神業の領域だ。
ぶっちゃけ無理w

 

 

逆に適度に拡散する撒き餌ならどうだろう?
沈んでいく過程で、程よく撒き餌が拡散することで
撒き餌の効いている体積が大きくなる。

 

この体積が大きくなるってのが超絶大事。
海は広いし、深いから、少しでも撒き餌の効くエリアを広くしてやると
サシエがそのエリアに入り込む可能性が大きくなる。

 

重要なのは、この可能性。

 

絶対同調するわけじゃないけど、
同調する可能性を、可能な限り高めていくことが重要。
こうやって少しでも魚が釣れる可能性を追求していくことが
技術を高めていくということ。

 

 

ちょっと話がそれたけど、
撒き餌の打ち方の基本は広げて打つことだ。

 

グレ釣りではこの撒き餌の打ち方をまずは徹底しよう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

遠投が必要な場合は数点打ち

 

前段で、グレの撒き餌の打ち方の基本が「広げ打ち」という話をした。

 

けど、広げて打つことできない場面というのも確かに存在する。
それが、遠投が必要な場面だ。

 

 

撒き餌って遠投するとなると、ある程度固まりで撒くことが必要となる。
散らして撒くと、まとまりができず、遠くまで飛ばない。

 

僕の住む北部九州のグレは堤防でも磯でも
遠投で良型が釣れる傾向がある。

 

やはり手前の方は釣り荒れたり、プレシャーの高いグレが多いように思う。
遠投して少しでも警戒心の低い場所で食わせるのがセオリーと言ってもいいだろう。

 

 

こんな事情もあって、遠投は必要。
でも先述のとおり、ちらして撒かないと同調が難しい。

 

それらを両立する方法はないのだろうか?

 

 

ここで「ない」と言ったらおしまいだw

 

もちろん策はある。

 

 

それが「数点打ち」だ。

 

撒き餌の塊を、仕掛けをとり囲むように数点打つというもの。

 

さいころの目に例えると分かりやすい。
例えば、5の目のように、サシエのあるところに
真ん中の撒き餌を、その周囲に4つ撒き餌を打つ。

 

こうすることで、撒き餌の包囲網が適度に崩れながら散らばる。
それで、同調率が飛躍的に向上するようになる。

 

基本的に僕の撒き餌配合レシピで釣ってもらうと分かるけど
塊で撒いても、そのまま玉状で撒き餌が沈んでいくことはない。
いい感じに重量のバランスが取れているので、
浅いタナから深いタナまで満遍なく撒き餌が効くようになっている。

 

 

そのような撒き餌の配合ができていれば、
さいころの目に打った撒き餌はサシエをサポートしてくれる^^

 

 

以前も話したけど、
重要な思考法ゆえにもう一度言っておきたいことがある。

 

それは、「撒き餌にサシエをあわせる」って考え方と同時に
「サシエに撒き餌をあわせていく」って思考を忘れないようにしたい。

 

後者は結構、考えてない人が多いように思う。

 

でも、実際撒き餌にこだわることで、
撒き餌のほうからサシエにアプローチをかけていくことができる。
サシエと撒き餌、どちらにも同調しようする性質を与えてやることで
より高次元で同調を実現できる。

 

 

 

 

グレ撒き餌の打ち方まとめ

 

最後にこの記事のポイントをまとめよう。

 

グレ釣り撒き餌は広げて打つ(散らして打つ)のが基本の基
遠投が必要な場面では、数点打ち(さいころの目)を意識するといい

 

 

補足という意味で最後の最後にまたまた重要な思考を一つ(笑)

 

 

ここで、書いた知識というのは
知っておくことでグレ釣りの釣果アップにつながる。

 

ただ、きちんと実行できないと意味がない。

 

特に撒き餌打ちについては、一朝一夕に身に付くもんじゃない。
かなり練習が必要。それも意識しながらね。

 

でも無思考で、撒き餌を何回打ってても上達なんて絶対ない。

 

撒き餌って1日の釣りの中で何百回も打つじゃないっすか?
1日の中で、一番数こなす動作なんじゃないかな?

 

 

だから、意識して打つと相当上手くなるっすよ。

 

 

あとは丁寧に打つことっすね^^
何百もやる動作だけに、途中で雑になることもあるけど、
雑にするよりは、丁寧に数少なくやったほうがいい。

 

無駄な撒き餌を沖に打ちすぎるのは、グレ釣りでは致命傷。
本命ポイントがエサトリだらけになることだってある。

 

そういうことをトータル的に考えながら釣りをやってると
その辺の釣り人はごぼう抜きw

 

初心者でも、一年で相当なレベルに行く。
そんなにみんな考えてないし、継続できないから。

 

 

今この記事を読んでいる人は、大丈夫!

 

知識的にもすでに問題ないし、
何より学ぶ姿勢が凄いと思う。

 

 

僕も人間だから、求める人には、バンバン知識出したいと思う。
当然だけど、やる気ない人には興味もないw

 

 

これからも釣りが上手くなりたいって人の期待に応えられるように
頑張るんで、一緒に高めあっていきましょう!

 

 

ではでは!

 

スポンサードリンク

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube