フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ

スポンサードリンク

 
フカセ釣り仕掛け 投げ方のコツ

 

 

 

どうもつぐむぐです。

 

仕掛けを投げる時のコツについて質問をもらったので回答します。

 

スポンサードリンク

 

=====================

 

はじめましてこんにちは。
質問があってメールしました。
『仕掛けを投げた後のウキと針の着水点』について質問があります。

 

私は仕掛け振込みを、
ウキが水面に到着する前にリールで道糸を指で止めてサミングをかけ、
ウキから針までのハリスがピィーンと張るように振込みしています。

 

また、ウキが潮上、針が潮下になるように(付け餌を先行出来ると思い)
イメージして振り込みをしていますが、このようなやり方で大丈夫でしようか?

 

また、風・爆風の影響で
ウキ・ハリの着水点の位置がほぼ同じ、
もしくはウキよりハリが釣座より手前に水着した場合
ハリスが水中に馴染む前、道糸を引っ張って修正をしますか?

 

潮は釣座から沖に向ってトロトロ流れている場合を想定しています。

 

アドバイス下さい宜しくお願い致します。

 

=====================

 

スポンサードリンク

 

質問ありがとうございます。

 

投入の仕方については問題ないですよ。

 

ただ僕はぶっちゃけ、ウキと針の着水位置に関して意識してないw

 

意識してないというのは、
「どちらが潮上か?潮下か?」ってところに関してはね。

 

 

ただ刺し餌の着水点は超絶気にするよ。
刺し餌は撒き餌の中にきちんと入ってないと
撒き餌と刺し餌の同調が実現できないからね。

 

 

僕が推奨してる仕掛けってチヌ用グレ用
ぶっちゃけ、針が潮下でウキが潮上じゃなくてもアタリがでる。

 

 

唯一アタリがわかりにくい時ってのが、
魚が釣り人側(自分側)に糸を引っ張った時かな。

 

それ以外の方向(横とか沖)に魚が引っ張れば、
別にウキとか針の場所がどうっていうのはそんなに気にならず
アタリは道糸に出る。

 

 

もちろん、ウキから針までをピンと張った方が
アタリの出方がキレイな場合もある。
けど、張らない方がアタリの出方がキレイな時もある。
この辺はその日のパターンしだいになる。

 

 

あと、この話をする時に意識したいのが、刺し餌の沈下軌跡。

 

以前、猪熊博之さんのノンサミング釣法の話をした。

 

 

あれはわざとサミングせずに、撒き餌と同じ軌跡で刺し餌を落とすというもの。
僕は、沈下軌跡の方を重視してるから、
ウキと針の位置は基本ぐちゃぐちゃでもいい。
刺し餌が撒き餌の中に入ってさえいればね。

 

でも、「この方法でアタリがでにくいな」
って感じたら、ウキから針までをピンと張るのも試す。

 

こっちの場合、沈下軌跡は弧を描くけど、
糸が最初からぴんぴんに張ってる分、
横とか沖に魚が糸を引っ張ったときに、アタリがより速く道糸に出てくれる。

 

むろん、この投入をしても、
手前(自分側)に魚が糸を引っ張ると
アタリは道糸に出にくい。

 

 

以上のように、道糸へのアタリの出やすさと
刺し餌の沈下軌跡などを考慮して自分はいろいろ試してる。
よりその日のヒット率が高い方を探してる感じ。

 

 

最後に要点をまとめておくと、

 

ウキと針の着水点にこだわるのは問題ない
けど、ぶっちゃけ僕は実際そんなにこだわってない
理由は推奨仕掛けであれば着水点に関係なくアタリは出るから
着水点にこだわろうとこだわるまいと、魚が手前(自分側)に糸を引っ張るとアタリは出にくい
着水点以外にもウキから下のハリスを張るか張らないかの問題がある
これは張った方が良い場合、張らない方がよい場合どっちもある。その日のパターンしだい。
ハリスを張った時は張らないときに比べて、アタリが速くでやすいけど、刺し餌の沈下軌跡が弧を描く
ハリスを張らない時はアタリが少しだけ出にくいが、刺し餌の沈下軌跡は撒き餌と近くなる
このあたりをトータルで考えながら、どのパターンが一番食いがいいかを探っていこう!

 

 

以上になる。

 

 

 

こういうと、「つぐむぐ雑すぎ!」って思うかもしれんけど
実際、このやり方で釣果は出るんでやってみてください^^

 

ただ、道糸をウキより先行させるのはアウトだから
そこには気をつけよう!

 

道糸を先行させてしまうと、
ウキから下の仕掛けに悪影響を与えて
仕掛けの自然な流れが阻害されてしまうので。

 

 

つまり、一番最初に道糸の置く位置の方が
ウキや針の着水点より大事ってことだね^^

 

また何か不明な点があれば聞いてください!

 

 

ではでは!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    スポンサードリンク

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
僕(つぐむぐ)は沈め釣りって仕掛けを武器に
1年中この仕掛けだけで
堤防・磯のチヌ・グレを釣っています。

 

今でこそ安定して釣れるようになったけど、
はじめからそうだった訳じゃありません。

 

チヌ釣りでは4年弱もの間、
結果が出ませんでした。

 

そんな僕でも、
楽して簡単に、かつ安定して
チヌを釣れるようになったのは
他ならぬ「良質な知識」のおかげ。

 

正直、これさえあれば、
どんな人でもチヌであれグレであれ
簡単に釣ることができます。

 

良質な知識を得て、
それを海で実践するだけ。
すごくシンプルです。

 

僕がチヌやグレを
自信をもって釣れるようになった過程は
以下の記事で公開しています。

 

チヌを3年以上釣れなかった僕が簡単に釣れるようになったストーリー

 

====================
あと、無料メルマガをはじめました。
大変多くの方に登録していただき好評いただいてます。

 

ブログに載っていない、載せたくないマル秘テクニック
こちらで限定公開しています。

 

ブログと合わせて読むことで、超高速で
「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。

 

釣るために必要な知識を
ばらまいてますので、
ぜひご登録いただければと思います^^

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ1 爆釣仕掛けを覚えよう
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ2 撒き餌と仕掛けの投入と同調
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ3 仕掛け投入後の道糸処理とアタリの出方
堤防でのメジナ(グレ・クロ)釣り ステップ4 やり取りと取り込み
メジナ(グレ・クロ)釣りの魅力(料理と釣り方)
メジナ(グレ・クロ)釣り 仕掛けと撒き餌の同調
メジナ(グレ・クロ)釣り 撒き餌配合レシピ
メジナ(グレ・クロ)釣りでハリスを長くとる理由と効果
メジナ(グレ・クロ)釣りでおすすめのサスペンド道糸
なぜウキを沈めるの?タナをとらないの?
「梅雨グレ」「寒グレ」が釣れる時期とその特徴
フカセ釣り撒き餌ワーク【梅雨グレ・クロ編】
寒グレ・クロ対策 厳寒期の撒き餌ワーク
潮目(しおめ)の見方・読み方を徹底解剖@
海釣りにおすすめの偏光グラス(レンズ編)
梅雨グレ釣行記(餌取りサバゴ対策in西海市 鉄塔下 五幸丸)
グレ・チヌ釣りでのおすすめハリス トヨフロン スーパーLハード
グレ針超絶おすすめ「掛りすぎ口太」
グレ釣り用の釣研ウキでおすすめはこれ一択「スーパーエキスパートUE 0C」
からまん棒いらないとか論外!付け方・使い方と位置の重要性
からまん棒の位置でグレの釣果が変わる!
釣研エイジアの限定品「エイジアsr」が超絶楽しみ!5000個限定だから急げ!
道糸細いメリット〜ラインは細ければ細いほどいい!
釣り用オキアミブロックのサイズ・大きさ・寸法・量などを整理しよう!
尾長グレ釣り仕掛けのポイントはネムリ針にあり!がまかつ「あわせちゃだめじな」を活用しよう!
最低限やっておきたい!海釣りをした後のリールや道糸のメンテ・手入れ方法
フカセ釣り師失格!?今更聞けない本流釣りの基礎知識
グレの撒き餌の打ち方
【グレ釣り】サラシの釣り方なんか知らんでいい!
グレ釣りリールのドラグ調整
グレ釣りで釣果の出やすい時期・時間
【グレ釣り】道糸の号数は釣果に関係するのか?
グレ釣り針のサイズを選択・決定する方法
グレ釣り竿おすすめの号数と長さ
グレ竿とチヌ竿の違いと特徴
グレ針とチヌ針の違いと特徴
冬の堤防グレ釣りと木っ端の下の良型グレ
グレの仕掛け・撒き餌でチヌを狙うべき?それとも・・・
サラシ場の釣り方〜ラインメンディング

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube