ガン玉 海釣り用語事典

スポンサードリンク

フカセ釣りで使用する小さなオモリのこと。

 

フカセ釣りで用いるガン玉の単位には、軽いほうからG(ジンタン、ジー)B(ビー)、号(ごう)の3種類がある。

 

 

 

それぞれの単位には、数字が付くが、

 

G(ジンタン、ジー)

軽い  G5<G4<G3<G2<G1  重い

 

 

B(ビー)

軽い  B<2B<3B<4B<5B  重い

 

※Bの場合は1Bの1は省略する。

 

 

号(ごう)

軽い  1号<2号<3号<4号<5号  重い

 

 

このように、Gだけ、数字が大きいほど軽いので注意。

 

 

ちなみに、私の推奨仕掛け(チヌ用グレ用)で用いる号数はGの3種類のみ。

 

ズボラな性格の人にはおすすめです(笑)

 

 

 

小さなガン玉一つで、釣果が劇的に変わる奥深さもフカセ釣りの魅力の一つ。

 

あ、それと、ガン玉の具体的な重さは覚えなくて良いです^^

 

仕掛けの入り方によって、今より仕掛けを重くしたい(深く入れたい)のか、軽くしたい(浅くしたい)のかを判断できればOK☆

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube