全誘導(ぜんゆうどう) 海釣り用語事典

スポンサードリンク

ウキ止めを使用せず、ウキの穴を道糸がスルスルとどこまでも通り抜ける仕掛けのこと。

 

メリットは、タナを意識せず、仕掛けを海面から底まで送り込めること。

 

デメリットは、タナが正確に分からないこと(タナボケ)。(ただし、これは全誘導反対派の人が唱える理論であって、私はデメリットだとは微塵も思っていない。理由は、タナなんて、魚の気分、海のコンディション次第でどんどん変化するから。)

 

 

 

魚だって生き物だ。

 

機械的に「今日は2ヒロでエサを食べよう」なんて思考をするはずがない。

 

全誘導には、「ウキを浮かべる全誘導」と「ウキを沈める全誘導」があり、私が推奨している仕掛け(チヌ用グレ用)は、どちらも「ウキを沈める全誘導」で、通称「全誘導沈め釣り」といわれている。

 

 

 

余談であるが、全誘導とは(株)釣研が使用している言葉で、同じような言葉に「全層」って言葉があるが、これは(株)キザクラが使用している言葉。

 

どちらも理論は同じであるが、競合するウキメーカーのため、呼び名を変えて差別化を図っている。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube