全層釣法(ぜんそうちょうほう) 海釣り用語事典

スポンサードリンク

ウキ止めを使用せず、ウキの穴を道糸がスルスルとどこまでも通り抜ける仕掛けのこと。

 

仕掛けを海面から海底まで、あまねく沈めていけるため、タナを意識せず釣りができる。

 

そのため魚種も幅広く釣れる。

 

全層釣法とは、(株)キザクラが使い始めた言葉で、全く同じ釣り方に全誘導とあるが、これは(株)釣研が使い出した言葉。

 

両者は競合するウキ大手メーカーであるため、同じ釣り方でも名称を変えることで差別化を図っている。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube