瀬ズレ(せずれ) 海釣り用語辞典

スポンサードリンク

道糸ハリスが水中に沈んだ瀬(岩)にこすれてラインブレークすること。

 

 

ラインというのは、どんなに太いものでも、摩擦熱に大変弱い。

 

だから、瀬ズレが起こるとおしまいだと思っていい。

 

 

瀬ズレする確率を少しでも減らすために、魚の引きにビビッて糸を無駄に出しすぎないこと、ロッドワークで糸が瀬に当たらないように調整することなどが考えられる。

 

 

瀬ズレを恐れて糸の号数を必要以上にあげるのはおすすめしない。

 

なぜなら、道糸の号数を上げれば、道糸が潮の抵抗をかなり受けるようになり、仕掛けを引っ張って同調が困難になるし、ハリスの号数を上げれば、単純に魚の食いが悪くなるからだ。

 

 

 

糸は瀬ズレしなければ、そう簡単に切れることはない。

 

だから、糸を太くして魚がかかる可能性を著しく低下させるよりは、魚をかけてから瀬ズレしないように頑張る方が良い。

 

 

 

釣りは魚をかけてなんぼ。

 

かけてからのことを考えるより、かけるためにどうすれば良いかに頭を使うのが良いと私は考えている。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube