サラシ 海釣り用語事典

スポンサードリンク

 

陸に波が当たって砕け、白い泡が発生している場所のこと。

 

陸の形が不規則な磯ではよく発生するが、堤防では結構海が時化た時にしか発生しない。

 

 

 

サラシの原因は泡だから、当然サラシのあるところは水中の酸素含有量が多くなる。

 

酸素がある場所には、魚たちがたくさん集まってくるため、グレ釣りでは昔からサラシは有望なポイントと言われてきた。

 

 

しかし、私のこれまでの経験上、サラシを狙って大物グレをしとめたという経験がない。

 

私の釣りは昼釣りオンリーだし、瀬際に大物グレが潜むような沖磯の一級ポイントで釣りをすることなんてめったにない。

 

 

大体瀬際にいるのはエサトリで、エサトリをマキエワークでうまく誘導しながら、沖にいる型の良いやつを狙うスタイルとなる。

 

 

あと、私のグレ釣り推奨仕掛けは、シンプルで重量が軽い仕掛けなので、サラシの中や近くに仕掛けを投げると、サシエがフラフラして安定しないのも良くない。

 

 

以前潜ってサラシの下を見たことがあるが、意外にも水中はそんなに激しく動いていない。

 

魚たちは穏やかにサラシの下で定位していた。

 

 

でも表層の流れが撹拌(かくはん)されるので、道糸がその流れにとられて仕掛けが安定しなくなる。

 

 

だから私の推奨仕掛けで、サラシ狙いはおすすめしない。

 

 

サラシを直接狙うというのではなく、サラシが影響を与えているような場所、例えばサラシから払い出した潮が沖の潮とぶつかる潮目などを狙って方が、私の仕掛けでは狙いやすい。

 

 

そして過去の経験上、より沖の方が良型が釣れる可能性が高いと実感している。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube