下げ潮(さげしお) 海釣り用語事典

スポンサードリンク

満潮から干潮にかけて潮位が下がっていく潮のこと。

 

反対に潮位が上がっていく潮を上げ潮という。

 

 

 

堤防チヌ釣りでは一般的に上げ潮が有利

 

ポイントによって上げ潮が良いか、下げ潮がよいかは異なるが、堤防のチヌ釣りに関しては上げ潮に分があることが多い。

 

 

 

これは、チヌが食事をする際のメリットを考えてみれば分かる。

 

 

堤防の際にはイガイや海藻などチヌの好むエサがたくさんあり、多くの小魚もいるため、チヌとしてもできるだけ堤防に近づきたいのが本望だ。

 

 

しかし、干潮で潮位が下がっていると、場所によっては、堤防の際が水上になってしまうこともあるし、仮に水上にならなくても水深が浅くなれば、人や鳥など水上からの脅威が心配となる。

 

 

だからチヌたちは、できるだけ水深が深くなる満潮にかけて、上げ潮に乗じて陸の方に押し寄せてくる。

 

これが堤防チヌ釣りで一般的に上げ潮が有利な理由。

 

 

 

 

最後に

 

とはいっても、結局自然がどんな答えを我々に与えるか、こればっかりはやってみないと分からない。

 

上げ潮が良いポイントだの、下げ潮が良いポイントなど議論したって、その日釣れなければ意味がないのだ。

 

 

 

だから、とにかく釣り人にはひたむきに知識や経験を増やしながら、目の前の状況を克服する術を探していく姿勢が求められる。

 

 

 

こういうとなんかすごいストイックに聞こえるが、別に釣りは修行じゃないから、己を追い込む必要はない(笑)

 

 

一日一つでもコツコツ学習していけば、確実に昨日よりも上手になっていく。

 

趣味を通してそんな成長もしていけたら人生充実すると思わないか?

 

 

 

趣味で人生は楽しくなるし、生きがいにもなる。

 

そう前向きに考えながらこれからも釣りと向き合っていければと思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube