なじむ(馴染む) 海釣り用語事典

スポンサードリンク

ウキから下の仕掛け(ウキからハリまで)が、完全に伸びきって落ち着くこと。

 

基本的にフカセ釣りは、仕掛けがなじんでからが勝負。

 

仕掛けがなじむ前に魚がエサを食べても、ハリスがたるんでいるため、糸やウキにアタリが出ない→気づかない→釣れない。

 

むろんこの場合でも、魚がある程度走って、ハリスを完全に伸ばしきってくれればアタリが出るが、それまでに魚がサシエを吐き出してしまえばアウト。

 

よって、当たり前だが理想は「仕掛けがなじむ位置=タナ」となっていることである。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube