根ガカリ(ねがかり) 海釣り用語辞典

スポンサードリンク

海底や海中の障害物に仕掛けが引っかかること。

 

 

 

根ガカリすると怖いのが仕掛けのロスト(紛失)だ。

 

特に仕掛けの中ではウキが一番高価なので、出費が痛い。

 

 

 

私の推奨仕掛けであるが、チヌ用に関しては、ほとんどウキのロストがない。

 

その理由は、ウキが道糸の中にあるからだ。

 

ウキが道糸側にあれば、万が一、直結部分から切れてもウキは生還できる。

 

 

 

それでも、ウキそのものが根ガカリして、やむなくウキをロストすることも稀にある。

 

そんな時は運が悪かったと思って欲しい(笑)

 

 

 

逆にグレ用は、根ガカリすると、高確率でウキが生還できない。

 

理由は先ほどとは違い、ハリスの中にウキがあるから。

 

 

 

「だったら、チヌ用と同じようにウキを道糸側につければいいじゃないか!」という声が聞こえてきそうだが、それでは1000釣法などロングハリス釣法の利点が消えてしまう。

 

ロングハリス釣法の利点は、マキエとサシエの同調に抜群に強いこと。

 

 

 

だから、私は道糸側にウキはつけない。

 

結局のところ、ただ頑固なのだ(笑)

 

 

 

釣りの目的はなんだろう?

 

根ガカリのリスクを減らすこと?

 

 

 

いやいやそんなはずがない^^

 

 

釣りの目的は魚を釣ることだ。

 

 

 

だったら、根ガカリが怖いとか言ってられない。

 

グレに口を使わせることを最優先に考えるべきだ。

 

 

 

だから、グレを釣るための超基本となる同調を一番実現できるロングハリス釣法を私は使用している。

 

正直グレ釣りは底を釣る釣りではなく、そんなに根ガカリしないため、あまり根ガカリに神経質になる必要はないと感じている。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube