内耳(ないじ) 海釣り用語辞典

スポンサードリンク

 

魚の頭の骨の中にある器官で、働きは音や波動を捉えること。

 

小脳に隣接している。

 

 

 

一般的に「魚が音を聞く器官は側線」だと理解されていることが多いが、それは側線が目視できるからである。

 

内耳は頭の中にあるので、生物学者くらいしか見たことがない器官だろう。

 

 

 

聴覚をつかさどる器官として、内耳と側線のどちらがメインかというと、それは内耳だ。

 

側線でも音を感じることはできるが、側線は主に水中の波動を捉える器官となる。

 

 

 

このように魚には音を聞くための器官が2つも存在している。

 

魚たちには、私たち釣り人の声や足音が全て聞こえているだろう。

 

 

 

ただ、音が聞こえることと、エサを捕食するのは別問題で、音がするから警戒してエサを食べないわけではない。

 

池で子どもが歓喜の声を上げながら、エサをあげているのを見たことがあるだろう。

 

コイは騒ぐ子どもの声にも関わらず、無心にエサを食いまくっている。

 

 

 

もし音が魚の食い気を抹消するなら、このような光景は成立しない。

 

 

 

むろん魚に余計な音は聞こえないに越したことはないが、そればかりが魚の食いに影響するわけではないので、そんなに神経質になる必要はない。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube