粘り(ねばり) 海釣り用語事典

スポンサードリンク

竿が曲がった時に、元の状態に戻ろうとする復元力のこと。

 

竿が曲がるというのは、魚が引いている時であるが、粘りがない竿だと、竿が曲がるだけで、元に戻ろうとしないため、魚は走り放題だ。

 

一方、粘りがある竿は、魚が走って竿が曲がっても、元の状態に戻ろうとするため、魚はジワジワと竿の粘りに力を奪われていく。

 

 

 

粘りは、単純に竿のパワーが強いのとは違う。

 

粘りの真価がもっとも発揮されるのは胴調子の竿の時で、良い竿ほど魚の引きに対して竿が曲がって追従していくものの、絶妙な復元力で反発し、魚に好き勝手暴れさせるのを防ぐ。

 

そして一度魚の走りを止めると、粘りで魚をぐいぐいと手前に寄せてくることができるのだ。

 

 

 

そのため粘りがある竿を使うと、竿を溜めているだけで、魚の体力をジワジワ削るヤリトリができる。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube