半誘導(はんゆうどう) 海釣り用語事典

スポンサードリンク


画像引用:釣り太郎

 

上記の仕掛けのように、ウキ止めを用いることによって、深いタナを探れる仕掛け。

 

 

 

本来、ウキは固定して使用するものだった。

 

しかし、それでは、最大でも竿の長さまでしかサシエを送り込めず(ウキが固定されている時に、竿の長さ以上の深さを設定するとウキから下の糸が必要以上に長くなってバランスが悪くなり、仕掛けを投入することができなくなる)、水深のある釣り場で底までエサを届けることができない。

 

 

 

その点、半誘導であればウキ止め糸、あるいはウキ止めゴムをガイドの中まで通せるので、その場所までウキが移動できる(この移動のことを業界用語で誘導という)ようになり、竿より深いタナを探れる。

 

 

 

ウキ止めの所まで、ウキが移動(誘導)した後、ウキを浮かべて釣るのが基本だが、ウキの誘導が終わったのち、ウキを沈めていく「半誘導沈め釣り」というのもある。

 

 

ちなみに私の釣り方は何度も言っているとおり、「全誘導沈め釣り」である。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube