ヤリトリ 海釣り用語事典

スポンサードリンク

魚がハリにかかったあと、取り込むまでの魚との攻防。

 

 

 

魚がかかると、人は一秒でも早く取り込みたいという気持ちが湧き出てくる。

 

そうなると、リールを高速で巻いてしまいがちだが、ここで焦ってはいけない。

 

というのも、魚は引っ張られる力が強ければ強いほど、それとは逆の方向に全力で逃げる習性をもつ。

 

 

 

つまり、上に引っ張られると、下へ。

 

陸の方へ引っ張られると、沖へ逃げようとする。

 

 

ただ、この力加減がマイルドであれば、そう魚が暴れることはない。

 

魚を暴れさせるとよくないのは、糸をたくさん出されるから。

 

 

糸を出されれば出されるほど、海中にある障害物などに糸が触れてラインブレークするリスクが高まる。

 

グレであれば、底に張り付いて出てこなくなることも多々あるので、ヤリトリは焦らずマイルドに行おう!

 

 

◆◆チヌとのヤリトリ◆◆

 

◆◆グレとのヤリトリ◆◆

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube