4大大会(よんだいたいかい) 海釣り用語辞典

スポンサードリンク

つぐむぐの造語で、全国大会まで開催される4つのビッグトーナメントの総称。

 

4つとは、

 

・がまかつ主催の「G杯(G杯争奪全日本選手権)」

 

・ダイワ主催の「マスターズまたはバトルカップ」

 

・シマノ主催の「ジャパンカップ」

 

・マルキュー主催の「M−1カップ」

 

を指す。

 

 

 

4大大会の中ではG杯が最も歴史が古いが、そうは言ってもほかの大会も十分すぎる伝統がある。

 

 

 

ここで釣り界のおもしろい特徴をお話しよう。

 

各メーカーにはフィールドテスターと呼ばれる人たちがいる。

 

フィールドテスターとは、市場に出回る前の商品を使用して、商品の悪いところを指摘しながら、商品を開発していく人たちのことだ。

 

 

 

このフィールドテスターは、自分が契約しているメーカーと競合するメーカーの大会には出場しない。

 

4大大会を例にすると、がまかつのフィールドテスターはシマノの大会には出場しないし、シマノのフィールドテスターはダイワのマスターズに出場しない。

 

 

 

フィールドテスターは有名人であることが多いため、競合他社の大会をにぎわせる必要はないという考えなのか、なぜか出場しない。

 

契約上、出場してはいけないのか、ただ自発的に出場しないだけなのかは知らないが、出場していないのは事実である。

 

 

 

ただ1つ例外があって、エサの大手メーカーであるマルキュー主催の「M−1カップ」はにぎわいを見せる。

 

なぜかというと、4つのメーカーのうち、マルキュー以外の3メーカーは釣り具の総合メーカーだが、マルキューはエサ作りに特化しているため、競合ではない?のか、M−1カップには他のメーカーのフィールドテスターがこぞって参加する。

 

 

 

そのため、M−1カップには有名人が揃うのだ。

 

これは見ている側として面白いし、何より強豪同士が技を競い合ったほうが、本当の意味でのナンバーワンを決められると思わないか?

 

 

 

大分前の話だが、ROYAL CUP(ロイヤルカップ)というものが開催されていて、これにはメーカーの枠を超えて有名人が参加していたため、真の王者を決定する場となっていた。

 

今はこのような大会はないが、フカセ釣りのいち愛好者として、またいつかメーカーの枠というしがらみを越えた、本当の意味での日本ナンバーワンを決定する大会が開催されることを願っている。

スポンサードリンク

HOME つぐむぐ チヌ釣り初心者へ グレ釣り初心者へ メルマガ YouTube